みんなをHappyに!オンサイト・アドミのお仕事

by support_service_team 2015.01.30

冒頭からちょっと堅苦しい話になりますが・・・

 

何か物事を進めるにあたって、まず必要となるのが
①主張(方向性)と ②データ(裏付け)ですよね。
しかしこの2つの要素だけでは、日常会議などで見受けられる「机上の空論」となってしまいがち。

 

そこで必要不可欠となってくるのが、③論拠(実例・実績)です。
①と②だけではとかく
「・・・であるべきだ」「そうならないのは・・・が悪い」
といった結論で終わってしまい、問題点は解決されないまま放置という負のスパイラルに・・・

 

そこで、Salesforceを導入されたお客様を“Happy!”にするためのサポートを行うのが
パソナテキーラ社のオンサイト・アドミニストレーター使命なのです!

 

オンサイト・アドミニストレーターはお客様の現場や関係部署の方の指示の下、
Salesforceがお客様の業務に最適な形で活用されるよう
設定変更やデータ入力にとどまらず
ヒアリングから活用法提案、トレーニングまで幅広く対応しています。

 

現状は・・・なので(問題認識)
→ ・・・するために(目的設定)
→ ・・・をすすめて行こう!(To Do設定)

 

「Salesforceを導入したが活用できていない・・・」とか「Salesforceの運用作業に時間が取られて本来の業務がおろそかになってしまう・・・」とか
「Salesforceのデータ入力画面が不親切で間違いが起こりやすい・・・」とか

 

「現状は・・・なので」という状況から
Salesforceを利用されるみんなが“Happy!”になる状況を目指し、
オンサイト・アドミニストレーターは
Salesforceの知識+各業界での就業経験を武器に
今日も明るく頑張ります!

お問い合わせ

掲載記事に関するあらゆること、お気軽にお問い合わせください。ご相談は無料です。