セールスフォースのシステム管理者 その2

by support_service_team 2015.08.26

こんにちは。

サポートサービス部のサービス・デリバリー・マネージャーです。
前回のブログでは、当社の「セールスフォースアドミニストレータの常駐サービス」を
具体的にどんなお客様が利用されているのかを簡単に説明させて頂きましたが、
今回は、具体的にサービス内容を説明させて頂きます。

大きく分けてテーマはふたつ。
「定着化」と「保守運用」のお手伝いです。

まずは「定着化」ですが、一般的に定着化とは
導入されたシステムが正しく活用され、その恩恵が十分に得られる状態にすることです。
そこでアドミニストレータが何をするかというと、
マニュアルの作成、操作指導、ヘルプデスク、データ移行などなど・・・を行います。

次に「保守運用」。
これは一般的に導入されたシステムが活用され、効果を得ている状態を継続的に維持し、
時には機能改修等を行い更なる効果を得られるようにすることです。
アドミニストレータの仕事として
データ入力画面の変更、帳票の変更、マスターデータの変更などなど・・・を行います。

またサービスの特徴として、
このようなお仕事をお客様先に常駐し「face-to-face」で作業を実施します。
だから効果が得やすいわけです。

「システムは使ってなんぼ」でございます。

今後もセールスフォースをお使いのお客様に、
広くご紹介させて頂き、喜んで頂ければと思っております。

お問い合わせ

掲載記事に関するあらゆること、お気軽にお問い合わせください。ご相談は無料です。