認定アドミニストレーター資格取得までの道のり

by support_service_staff 2015.08.10

弊社では、多くの社員がセールスフォースの認定資格を取得しています。

その1つである「認定アドミニストレーター」はシステム管理者を目指す方向けの資格で、組織のメンテナンスや、業務要件に基づいた管理機能を実行できる能力が求められます。

今回は、資格取得までのモデルケースをご紹介します。

admin_small

サポートサービス部に入社したOさん。

前職では経理・営業事務を担当しており、Salesforceは全くの未経験。ITスキルはMS Officeは使用できるが、プログラミング等は全く分かりません。

入社後に管理Ⅰ(前編・後編)コースを受講します。

【管理Ⅰ(前編後編)コース受講前】

 ◆SalesforceのHPにて、以下オンライントレーニングを受講

  ・はじめよう:Salesforce の操作

  ・はじめよう:Sales Cloud の利用

【管理Ⅰ(前編・後編)コース受講開始】

 ◆その日に学んだことを復習し、演習ガイドを再度トライ。

 ◆理解度チェックは基本なので、しっかり復習する。

 ◆わからなかった用語や機能を「ヘルプ&トレーニング」で調べて理解を深める。

【管理Ⅰ(前編・後編)コース管理Ⅰ受講後】

 ◆1か月間組織が使えるので、演習をガイドを見ずに操作できるように何度も試す。

 ◆更に理解を深めるためにWebセミナーを視聴。

 ◆『Salesforce.com 認定 アドミニストレーター Study Guide』の出題範囲をチェック。

 ◆機能説明がオンサイトでできるようにまとめる。

結果、研修期間中に「認定アドミニストレーター」資格を無事取得し、システム管理者として活躍しています。

弊社では、皆様の資格取得のサポートをするための研修サービスを実施しています。

是非ご利用ください。

▼パソナテキーラのSalesforce研修一覧はこちらから

お問い合わせ

掲載記事に関するあらゆること、お気軽にお問い合わせください。ご相談は無料です。