ラ・フォル・ジュルネでも、Tagboard!

by Pasona Tquila 2016.05.09

5/3(火)~5/5(木)に実施された「ラ・フォル・ジュルネ・オ・ジャポン」にて、パソナテキーラがご提供するTagboardが使われていましたので、そのご利用シーンをご紹介します。

ラ・フォル・ジュルネは、「誰もが楽しめる丸の内エリアのゴールデンウィークの風物詩」として知られるクラシック音楽を中心とした音楽祭で、東京国際フォーラム、日比谷野外音楽堂、その他丸の内、大手町エリアで数多くのコンサートが行われました。

IMG_0528

今回は、#LFJ2016というハッシュタグでtwitter /instagram/ facebookの投稿を収集し、会場のモニターやWEBサイト上で表示されていましたので、その模様をご紹介します。

 

会場内で配布されるパンフレットやモニターで、#LFJ2016が告知され、来場者の方々や出演者を中心に投稿が行われていました。

IMG_0531ホール会場前では、モニターにそれぞれの投稿がこのように表示され、次々の切り替わります。

IMG_0529

 

IMG_0534SNSを通り道などのモニターのそばでは、ときどき足を止めて、投稿に見入っている方も見受けられたり、「投稿すると、映るのかな?」といった声も耳にしました。

現在、ラ・フォル・ジュルネのWEBからもリンクで、このように収集された投稿画面を見ることができます。現在見られる投稿数は数に限りがありますが、「ラ・フォル・ジュルネ ロス」などのコメントも複数見受けられるなど、イベントを事後でも懐かしみ、イベントへの満足感や満足感を共有している様子が見て取れます。

同じ体験をした人と感想を共有できるのが、SNSの醍醐味です。Tagboardを用いると、#で投稿を収集してWEBで表示するだけではなく、大画面でのモニターにも投映できる(=解像度が高い)のは大きな特徴です。イベント中はリアルな体験として、イベント後はWEB上で感想を共有し、次の開催への期待値を高めてくれます。

このページをときどき見ながら、楽しかった3日間に思いを馳せる方もいらっしゃるのではないでしょうか?個人的な感想としても、こういったリアルイベントでの利用がどんどん広がり、より多くの人との体験の共有が行われる場が浸透していくことを楽しみにしています。

スクリーンショット 2016-05-06 10.45.25

 

お問い合わせ

掲載記事に関するあらゆること、お気軽にお問い合わせください。ご相談は無料です。