Heroku PostgresとSalesforce1 Lightning Connectによるデータウェアハウジング

by Cho 2015.02.25

screen_shot_2015-02-20_at_10.24.07

Dreamforce 2014でSalesforce1 Lightning Connectを発表されたから、私はその有望なポテンシャルと機能によって本当にわくわくしました。開発基調講演の発表に続いて、同僚のAndy MahoodはLightning Connectおよび外部オブジェクトの2つのブログシリーズを書きました。私の記事はHerokuにフォーカスするので、Lightning Connectと外部オブジェクトの動きと一般的な文脈を理解するため最初にAndyの記事を読むことをお勧めます。

概念をまとめるとSalesforce1 Lightning ConnectはODataデータソースへの読取り接続を標準機能として提供しています。外部データベースのテーブルは、リモートカスタムオブジェクトとして独自のカスタムフィールド、ページレイアウトやAPIエンドポイントを持っています。このデータはApexに含まれることができますしグローバル検索も利用いただけます。これをHerokuに適用される場合、基本的にHeroku Postgres*データベース上ですべてのデータが「virtual custom objects」としてアクセスできます。

*Heroku Postgresは、Heroku社自らが提供するオープンソースのリレーショナル、オンデマンドデータソースです。

では、Heroku外部オブジェクトの魅力はなんでしょう?

Salesforceプラットフォーム上で手ごろなデータストレージ

もし数百万の取引データまたは数億のGPS座標データにアクセス及び保存する必要がある場合は、Salesforceのカスタムオブジェクトの利用はお勧めしません。Salesforceカスタムオブジェクトは、大量データを処理できすように設計されていません。しかし多くの状況では、これらのトランザクションを可視化するか、既存の取引先や取引先責任者などの関連リストにリンクする必要があります。HerokuのPostgresのデータベースは、本当に手頃な価格で数百万、数十億のレコードを格納できように設計されています。

Heroku PostgresはSalesforceのプラグ·アンド·プレイである

外部リレーショナルデータベースを持つことは、自動的にSalesforce1 Lightning Connectからアクセスできるという意味ではありません。そのデータベースには、基礎となるデータ構造の上で安全な標準化されたレーヤーを提供し、その上にODataラッパーを持つ必要があります。HerokuはすでにODataラッパーを構築していますので、現在Heroku上任意のPostgresデータベースで有効た化することができます。Heroku Connectの一部としてインターフェイス上に新しいセクションとして表示されます。

Screen Shot 2015-02-17 at 08.38.01

ここで要注意なことろは3つあります:

  • 「Reset and Email Username/Password」ボタンをクリックして、認証の詳細はメールで送られます。
  • オブジェクトをSalesforce上公開しようとすると、上図のようにボックスをチェックするくらい簡単です。
  • 標準オブジェクトはoDataとしてそこから再公開したい場合は、Heroku Connectを介して公開できます。

Andyの投稿で説明したように、「Reset and Email Username/Password」ボタンをクリックして認証を提供した後Salesforceの外部データソースを作成することができます。ここでの唯一の違いは、認証プロトコルは「Password Authentication」を選択し、ユーザ名とパスワードの詳細を入力する必要があるということです。

Screen Shot 2015-02-17 at 09.06.10

クラウドベースPostgresのベストオファー

Herokuは何年も数百万Postgresデータベースをうまくホストしており、結果として彼らは上手にやる方法を知っています。私の意見では、Heroku Postgresのソリューションは市場で最も堅牢で競争力の一つです。ユーザーとしてセットアップ、パッチ更新またはデータベースのセキュリティを心配する必要はありません、それはHerokuのサービスの一部です。ただ数回のクリックで、新しい可用性の高い1TBのPostgresデータベースを作成られます。その上、Herokuはデータ監視及びアクセスための一連のツールを提供しています。もちろん、コマンドラインまだ使用できますが、Webアクセス可能なデータセット作成及びxls/csv/jsonフォーマット出力とそれらのコラボレーションを簡単にできたい人は、今からHerokuのdataclipsを使用することができます。Heroku dataclipsはGoogle DocsやGitHub gistsのようなコラボレーションツールからの発想で作られた軽量化データ共有ツールです。さらに、HerokuのPostgresのデータベースはインターネット上どこでも安全にアクセスできます。Herokuは覗き目からデータを保護するためにSSL接続を持たせます。Postgresのクライアントとして、生のpsqlまたは自分で選ばれた言語または分析ダッシュボードを接続することができます。

データストアの作成と管理をスピードアップ

Herokuプラットフォームの強さもそのアドオンエコシステムで示しています。アドオンプロバイダはHerokuのと統合されており、オンデマンドで継続的インテグレーションやビデオエンコーディングなど様々なサービスを提供しています。いくつのアドオンが直接Postgresのに連携しており、新しいHerokuベースのデータストアの作成と使用を容易にすることができます。

  • Adminium:このアドオンは自動的にデータベース構造を検出して、管理を簡単化のためにその上にインターフェイスが作成されます。ポイント·アンド·クリック·インターフェースを利用して新しいテーブルを追加したり、CSVデータをロードしたり、ダッシュボード作成したりまたはレコードをCRUD(読取り、更新、削除、作成)することができます。

Screen Shot 2015-02-17 at 10.00.21

 

  • DBInsight: シンプルなインターフェイスを提供し、DBInsightは簡単にデータベースを検索し、グラフを作成することができます。

Screen Shot 2015-02-17 at 09.55.03

 

  • XPlenty: 人気ビッグデータのスタートアップツールの1つとして、XPlentyは大量データ向きの検索、操作及び分析などの高度な機能を提供しています。それはのHeroku Postgresのデータストアに接続し、Webベースのジョブデザイナーインターフェースを提供し、オーダーメイドのデータ解析ロジックを構築できます(データ集計、パターン検出、重複排除)。

 

まとめ

Heroku PostgresとSalesforce1 Lightning Connectを使って、従来より簡単にSalesforceから手頃な価格で効率的なデータウェアハウスをシームレスに入手できます。HerokuアドオンとSalesForce1 Lightning Connectは、データウェアハウスを作成、データロード、データ分析及びSalesforce上での共有をより簡単にできようになってます。SalesforceとHerokuのインテグレーションがより緊密になっていることは明らかなことで、私は今後数ヶ月の間に新しい発表が期待できることを信じてます。このスペースを注目してください!


 

寄付者

Vincent Spehner
Practice Director – Consumer Solutions
@vzmind
Posted by Tquila on 20 February 2015
※このページは英国テキーラ社のメンバーが執筆したものを翻訳しています。

http://tquila.com/blog/2015/02/20/data-warehousing-heroku-postgres-and-salesforce1-lightning-connect

お問い合わせ

掲載記事に関するあらゆること、お気軽にお問い合わせください。ご相談は無料です。