「最近参照したデータ」リストの表示項目順を変更したい!

 2019.06.28 customer_success

こんにちは。Salesforce運用支援サービス「AGORA」のサポート担当 Miyaです。

リストビューの表示項目を追加したい・・・と思うことはありませんか?
歯車ボタンから新規リストビューを作成する以外に変更方法ってないのかな・・・?
そんな時は、Lightning Experience 表示なら、全く別のところから表示のカスタマイズが可能です!

Lightning Experienceのリストビューの見え方

今回は「取引先」のリストビュー「最近参照したデータ」を例として、こちらに「年間売上」を追加表示してみます。

Lightningのリストビュー
※オブジェクトによって異なるリストビューが用意されているので、この例と異なる場合もあります。「最近参照したデータ」と「最近参照した取引先」は別物であり、Lightning Experience でのみ両方用意されています。

「検索レイアウト」で表示項目をカスタマイズ!

1.[設定] → [オブジェクトマネージャ]→ [取引先]→ [検索レイアウト]→「検索結果」→
→[検索結果の横の ▼ ] をクリック→ [編集] をクリックします。
設定画面

 

2.[選択可能な項目]から表示させたい項目を[選択済みの項目]へ追加します。
表示させたくない項目は削除します。
[選択済みの項目]の項目の並び順を変更することで、オブジェクトの「ホーム」画面上での並び順も変更できます。

表示項目の設定
※各オブジェクトごとに、重要な項目の位置変更やレコード名の削除など、カスタマイズできない部分もあります。 例として、取引先オブジェクトの場合「取引先名」は削除できず、配置順も変更 できません。常に左位置に表示されます。

 

3.設定変更後の「最近参照したデータ」のリストビューを確認してみると・・・
表示項目に「年間売上」が追加されました!
設定変更後のリストビュー

最後に

「どう設定していいか分からない」
「活用方法がよく分からない」
日々の運用で悩むこと、Salesforceのヘルプを見たけれど解決方法が分からないことなど、ちょっとしたことを相談できるサービスがあるといいなと思うことはありませんか?

AGORAでは、Salesforceの解説書「活用ガイド」、有資格者が応対する「問い合わせサービス」、便利ツール「AGORAモール」など、さまざまなサービスがあります。
詳細はこちらよりご覧ください。

ブログ購読のご案内