商談を『成立』にできる人を属性で制限したい!

 2019.07.29 customer_success

こんにちは。Salesforce運用支援サービス「AGORA」のサポート担当 Ino です。
日々、たくさんのお客様から頂くお問い合わせの中で、「これは他のお客様にも役に立つはず!」というSalesforceのワザやトラブル解決法をご紹介させて頂きます。

今回は「商談を『成立』にできる人を属性(プロファイル)で 制限したい!」について、です。

商談の『成立』を選択できる人を制限したい!

とある会社の営業部では商談が成立(Closed Won)した時、上長の決裁を得た後『Closed Won』フェーズにしています。

しかし、うっかり決裁なく営業担当者が『Closed Won』にしてしまう事があり、「各部の上長しか『Closed Won』にできないようにしたいんだけどな。」と相談を受けました。

できます!

やりましょう!

事象

解決内容

〈解決キーワード〉
 入力規則
 プロファイル

「各部の上長しか『Closed Won』にできないようにする」という要望は、
決まった属性(プロファイル)以外の人が『Closed Won』にしたらエラーになる」という入力規則を作ることで実現できます。

 

① 「設定」-「オブジェクトマネージャ」-「商談」-「項目とリレーション」から、「フェーズ」をクリックします。

解決1

 

② 「入力規則」セクションの「新規」ボタンをクリックします。

解決2

 

③ 入力規則を作成していきます。エラー条件数式に

AND(
ISPICKVAL( StageName , “Closed Won”) ,
$Profile.Id <> “[ClosedWonにできるプロファイルの ID]”
)

と記述します。 [ClosedWonにできるプロファイルの ID] 部分に入力する「ID」は、データローダや開発者コンソールを使って取得できます。

エラーメッセージなどを入力し、『保存』をクリックします。

(有効にチェックを入れるのを忘れないでください!)

解決3

 

④ では、実際に商談のフェーズを変更してみましょう。『Closed Won』にできないユーザが『Closed Won』を選んだ時、エラーが出ます。

解決4

⑤ 『Closed Won』にできるユーザが『Closed Won』を選んだ時、変更できます

解決5

この入力規則によって、営業担当者が うっかり『Closed Won』にしてしまう事がなくなりました!

なお、フェーズの変更を制御する方法はいくつかありますので、こちらの記事もご参照ください。
成立した商談のフェーズをロックする方法

最後に

「もう少し詳しく知りたい!」
「いま、使っている組織環境の場合について相談したい!」
日々の運用で悩むこと、Salesforceのヘルプを見たけれど解決方法が分からないことなど
ちょっとしたことを相談できるサービスがあるといいなと思うことはありませんか?

AGORAには、Salesforceの解説書「活用ガイド」、有資格者が応対する「問い合わせサービス」など、さまざまなサービスがございます。
詳細はこちらよりご覧ください。

なお、AGORAではSalesforce活用のための各種セミナーを随時開催しています。 ご興味をお持ちいただけるようでしたら、ぜひお申し込みのうえご参加ください。