これでスッキリ! Salesforceの「レコードタイプ」って何だ?

 2019.09.10 customer_success

こんにちは。Salesforce運用支援サービス「AGORA」のサポート担当 I です。
日々、たくさんのお客様から頂くお問い合わせの中で、「これは他のお客様にも役に立つはず!」というSalesforceのワザやトラブル解決法をご紹介させて頂きます。

今回は セールスフォースの「レコードタイプ」について。

「レコードタイプ ってページレイアウト作る時に使うけど、何?」
「レコードタイプ って何の為にあるの?」 と思った事はないですか?

今度こそ「レコードタイプ」についてのモヤモヤをスッキリさせましょう!

事象1

データを分類する

〈解決キーワード〉
 ページレイアウト
 プロファイル

レコードタイプを ひとことで表すと、

1つのオブジェクトのレコード(データ)を分類するもの』です。

これだけではさっぱり分からないので、ここでは『備品/消耗品』カスタムオブジェクトを例に説明します。

 

とある企業では、
『備品/消耗品』カスタムオブジェクトで、備品と消耗品のデータを一緒に管理しており、
備品のデータでは、社員に備品を貸し出した時のデータ(貸出情報)も併せて管理しています。なので、

・「備品」のデータには「貸出情報」が必要です。
・「消耗品」のデータでは「貸出情報」は不要です。項目を画面に表示したくありません。
・ また、同じ項目でも「備品」と「消耗品」では、使用する選択リストの値が異なります。

そこで、2つのレコードタイプ を使って 『備品/消耗品』カスタムオブジェクトの中のデータを「備品」と「消耗品」の2種類のデータに分類して登録できるように設定することにしました。また、消耗品レコードタイプでは貸出情報を使用しません。

解決1

 

実際に設定すること

①2つのレコードタイプ「備品レコードタイプ」と「消耗品レコードタイプ」を用意します。

②それぞれのレコードタイプに合った「ページレイアウト」を2つ 作ります。

必要があれば、選択リストの 値の出し分け もレコードタイプで決めることができます。
「備品データ」に必要な値を表示して、「消耗品データ」に不要な値を非表示にする、
これも「レコードタイプ」でコントロールするんです。

③ここまで できたら、

・「備品レコードタイプ」には「備品ページレイアウト」を
・「消耗品レコードタイプ」には「貸出情報」の項目 が表示されない「消耗品ページレイアウト」を割り当てる設定をします。

ちなみに、レコードタイプはプロファイルに割り当てて使います。

※ レコードタイプやビジネスプロセスの詳しい設定の方法は、弊社ブログ『セールスフォースの基本機能レコードタイプ・ビジネスプロセス』をご参照ください。

 

解決2

 

プロファイルとレコードタイプとレイアウトの関係は?

プロファイル・レコードタイプ・ページレイアウトのおおまかなイメージは、以下のようになります。
プロファイル(各データ:レコード)から見たレコードタイプを説明すると、こんな感じ。

解決3

 

 

今度はページレイアウトから見たレコードタイプを説明すると、こんな感じになります。
つまり、備品ページレイアウトと消耗品ページレイアウトを使おうと思ったら、備品/消耗品 それぞれにレコードタイプを作らなければいけない、という事です。

解決4

 

いかがでしたか?
レコードタイプはデータを分類するためのもの。
複数のページレイアウトを使おうと思ったらそれぞれのレコードタイプが必要、という事はご理解頂けましたか?

 

最後に

「もう少し詳しく知りたい!」
「いま、使っている組織環境の場合について相談したい!」
日々の運用で悩むこと、Salesforceのヘルプを見たけれど解決方法が分からないことなど
ちょっとしたことを相談できるサービスがあるといいなと思うことはありませんか?

AGORAには、Salesforceの解説書「活用ガイド」、有資格者が応対する「問い合わせサービス」、便利ツール「AGORAモール」など、さまざまなサービスがございます。
詳細はこちらよりご覧ください。

なお、AGORAではSalesforce活用のための各種セミナーを随時開催しています。 ご興味をお持ちいただけるようでしたら、ぜひお申し込みのうえご参加ください。

ブログ購読のご案内