新しい「メモ」機能

 2019.09.11 customer_success

こんにちは。Salesforce運用支援サービス「AGORA」のサポート担当 Miyashitaです。
Salesforceで作業中に「ちょっとメモを残したい」っていうことありますよね。
旧来の「メモ&添付ファイル」のメモ機能、LEXでは使えないのですが、もっと便利で新しい「メモ」が登場しています。
LEXならではの機能と併せて活用すれば、仕事のクオリティUp!

It’s Old メモ

Classicでおなじみの「メモ&添付ファイル」でメモを作成するとこんな感じです↓

従来のメモ

LEXに切り替えたとき、Classicで作成したメモを見ることはできますが、新規メモは作れません。

LEXでの従来のメモ

新しい「メモ」

LEXでは新しい「メモ」を使います。自動保存されるなど、かなり高機能!
①太字や斜体、箇条書きなどの書式が使えます。
②写真や画像を埋め込むことができます。
③ユーザやグループと共有できます。
④複数のレコード (商談、取引先、取引先責任者など) に関連付けできます。

新しいメモ

思いついたらすぐに「メモ」!

新しい「メモ」を使うには、まず有効化します。

そして、Lightningアプリケーションビルダーなどで「メモ」をレイアウトの随所に配置しておきます。
①関連リスト「メモ」
②グローバルアクション「新規メモ」
③ナビゲーションバー「メモ」タブ
④ユーティリティバー「Notes」
これなら、ふと思いついたアイデアも逃さず「メモ」に残せます!
メモへのアクセス

 

さらに、モバイルでは「メモ」から「ToDo」を作成することもできちゃいます。便利!
モバイルでToDo作成

旧来の「メモ&添付ファイル」を新しい「メモ」と「ファイル」にアップグレードすれば、仕事のクオリティが上がること請け合いです。
新しい「ファイル」も使い勝手がよいので、またの機会にご案内できれば!

最後に

「うちの組織にとって、LEXに移行するメリットって?」
「設定手順を、分かりやすく説明してほしい!」
日々の運用で悩むこと、Salesforceのヘルプを見たけれど解決方法が分からないことなど
ちょっとしたことを相談できるサービスがあるといいなと思うことはありませんか?

AGORAには、Salesforceの解説書「活用ガイド」、有資格者が応対する「問い合わせサービス」、便利ツール「AGORAモール」など、さまざまなサービスがございます。
詳細はこちらよりご覧ください。

なお、AGORAではSalesforce活用のための各種セミナーを随時開催しています。 ご興味をお持ちいただけるようでしたら、ぜひお申し込みのうえご参加ください。

ブログ購読のご案内