脱!Salesforce Classic ページレイアウト2 ~関連リスト~

 2019.09.30 customer_success

こんにちは。Salesforce運用支援サービス「AGORA」のサポート担当 Kです。

Winter ’20 リリースによりLightning Experience(LEX)が自動有効化される時期が近付いてきました。
以前、こちらの記事でLightning Experienceのページレイアウトについてご紹介させていただきましたが、他にもレイアウトで便利な機能をご紹介します。

今回は「関連リスト」について。

Lightning Experienceの「関連リスト」のレイアウト

Classicのページレイアウトでは、レコードの詳細情報の下に「関連リスト」が並んで表示されます。
Classic 関連リスト

LEXのデフォルトの設定では、「詳細」タブをクリックするとレコードの詳細情報が、「関連」タブをクリックすると関連リストが表示されます
LEX 関連リスト

「関連リスト」のレイアウトのカスタマイズ

Lightning アプリケーションビルダー」というLEX専用のレイアウト設定機能を使用すると、関連リストの表示もカスタマイズできます。

Lightning アプリケーションビルダーには、「関連リスト」、「関連リスト – 1 つ」、「関連リストのクイックリンク」というコンポーネントが用意されています。

関連リスト
ページレイアウトで設定したすべての関連リストが表示されます。
関連リストに5つ以上項目を表示したい場合は、関連リスト種別を「拡張リスト」か「タイル」に変更しましょう!

関連リスト – 1 つ
1つの関連リストだけ、個別に表示できます。

関連リストのクイックリンク
関連リストのリンク一覧が表示されます。
リンクにマウスポインタを置くと、関連リストのレコード情報が表示できます。

Lightning アプリケーションビルダー 関連リスト

LEX 関連リスト カスタマイズ後

今回は関連リストについてご紹介しましたが、Lightning アプリケーションビルダーには他にもいろいろなコンポーネントがそろっています。
ダッシュボードやリストビュー、リッチテキストなども追加できます。
レコードページだけではなく、ホームページなどもカスタマイズできますので、便利に使っていきましょう!

最後に

「もう少し詳しく知りたい!」
「活用方法がよく分からない」

日々の運用で悩むこと、Salesforceのヘルプを見たけれど解決方法が分からないことなど、ちょっとしたことを相談できるサービスがあるといいなと思うことはありませんか?

AGORAには、Salesforceの解説書「活用ガイド」、有資格者が応対する「問い合わせサービス」、便利ツール「AGORAモール」など、さまざまなサービスがございます。
詳細はこちらよりご覧ください。

なお、AGORAではSalesforce活用のための各種セミナーを随時開催しています。 ご興味をお持ちいただけるようでしたら、ぜひお申し込みのうえご参加ください。

ブログ購読のご案内