Salesforceの標準項目[住所] を必須項目にできますか?

 2019.11.07 customer_success

こんにちは。Salesforce運用支援サービス「AGORA」のサポート担当 Miyazakiです。
お客様から「住所の項目を必須にして欲しいんです!」と依頼され、困り果ててしまった経験ありませんか?

Salesforceは導入してすぐに使い始めることができるよう、いろいろな「標準」仕様があらかじめ用意されていますよね。 皆さま通常「標準オブジェクト」や「標準項目」について特に意識したり深く気に留めることなく便利に使われているかと思います。

一方で、「標準」は「カスタム」のようには 簡単にカスタマイズ (設定変更) できない、という特性も持っています。 でも、そんな「標準」だって、やりようによっては意図した機能を実装することができるんです。

今回は、標準の[住所]項目について、
意外と知らない? 地味だけど「へぇ!」 な知識をご紹介します。

標準項目 [住所] は必須項目にできない!?

『リード』『取引先』『取引先責任者』などの標準オブジェクトにある[住所] 項目。
大事な情報なので必ず入力してもらいたい! だから必須項目にしよう!
と、ページレイアウトから変更してみようとすると・・・

「必須項目」のチェックボックスにチェックを入れられない!!

これ、なぜかというと、
住所(請求先)・住所(納入先)は、「国名」や「郵便番号」「都道府県」「市区郡」「町名・番地」といった別々の項目を組み合わせて構造化されたデータ型であり、参照しかできない項目なのです。(データをエクスポートされた時に気づかれた方も多いかと思います。)

解決内容

この住所項目を入力必須にしたい場合には、以下のような入力規則を作って代替しましょう。

取引先にある住所(請求先)を例にします。
数式の記載方法はこちら。

 

OR (
ISBLANK(BillingPostalCode ) ,
ISBLANK( BillingState ) ,
ISBLANK( BillingCity ) ,
ISBLANK( BillingStreet )
)

 

複合された住所を構成する項目(郵便番号、都道府県、市区郡、町名・番地)を一つずつ並べ、それらの項目が空白のときはエラーを表示する(編集内容を保存させない)、というもの。
これなら簡単に入力規則の数式が設定できますね!

もし、sandbox環境をお持ちであれば、上記の数式をそのままコピーアンドペーストして実装し、テストしてみてください!
sandbox環境については、こちらの記事をご確認ください。

最後に

「もう少し詳しく知りたい!」
「いま、使っている組織環境の場合について相談したい!」
日々の運用で悩むこと、Salesforceのヘルプを見たけれど解決方法が分からないことなど、ちょっとしたことを相談できるサービスがあるといいなと思うことはありませんか?

AGORAには、Salesforceの解説書「活用ガイド」、有資格者が応対する「問い合わせサービス」、便利ツール「AGORAモール」など、さまざまなサービスがございます。

なお、AGORAではSalesforce活用のための各種セミナーや、ご自身のパソコンを持ち込んでモクモク作業をしつつ、分からないことがあればご質問いただける「パソナテキーラ個別自習室」(salesforce.com社様のサイトへ遷移します) を随時開催しています。
ご興味をお持ちいただけましたら、是非、お申し込みのうえご参加ください。

AGORAサービスの詳細はこちらよりご覧ください。

ブログ購読のご案内