タダのSNSじゃない。これがChatterだ! -1.Chatterのキホン-

 2019.12.16 customer_success

こんにちは。Salesforce運用支援サービス「AGORA」のサポート担当 Inoです。

Salesforceの代表機能のひとつ、Chatter。顧客に関する情報共有ツールとして、また、社内SNS、お知らせツールとしての利用など色々な機能があります。Lightning Experienceになり、すっきりと見やすくなって「Chatter使ってみたいんだけど、イマイチ分からないんだよな~」という方に、ここでChatterの基本をご紹介したいと思います。

Chatter画面を見てみよう

Chatterタブから
レコードページから

Chatterタブを開くと、左のカラムで選んでいる内容が、右のフィードに表示されます。

図1

『自分がフォローするもの』はフォローしている人やグループ、レコードの投稿を表示します。
『会社の注目』は、会社全体で参照される数が多かったりコメントや『いいね!』の数が多い投稿が表示されます。
※『フォロー』『グループ』については、次回以後のブログで詳しくご説明します!

 

私のおススメ はこちら!
レコードページに表示される「Chatterフィード」です。
特定の顧客や商談に関する情報共有は、メールじゃなく、Chatterフィード上で行います。

*Chatterフィード(赤枠部分)とは、あなたと他のユーザが行った投稿や それに関するコメントと、このレコードの更新履歴が表示されるコンポーネント(パーツ)です。

図2-1

取引先の画面を下へスクロールしていくと、
てきさん部長とのんびり屋のぱそたさんが 取引先『Burlington Textiles Corp of America』について対話しているやりとりが見えます。

図2-2

このように、特定の取引先レコードの詳細情報と、取引先に関する対話の流れや共有の経緯が一緒に見えるので、とても便利です。

たとえば、新しいメンバーがプロジェクトに参加した場合、前任から後任へと担当が引き継がれる場合、このChatterフィードに記録があれば、「これまでの経緯は見といてね!分からない部分があれば、Chatterでコメントしてね!」
の一言で認識合わせが済んでしまいます! メールでは、こうは行きません。

*レコードの詳細ページに表示される「Chatterフィード」が表示されない場合は、弊社ブログ『Chatterフィードが表示されない』を確認してみて下さい。

Chatter投稿してみよう

〈ここ大事!〉
 メンションは 通知だ!

Chatterへの投稿は簡単です。
『最新情報を共有』部分に伝えたいことを入力して、『共有』をクリックするだけです。これで、Chatterフィード、参加しているChatterグループや共有されているレコードのフィードに投稿されます。投稿だけではなく、アンケートを取ったり、グループに質問を投げて『最良の回答』を選んだりもできます。

図3

 

「この投稿は〇〇さんに読んで貰おう」という事はよくあると思います。
ここで使うのが、メンションです。
『最新情報を共有』に半角の「@」を入力し、相手の名前の一部を入れて少し待つと候補が出てきます。

図4

ここで、表示されたユーザ名(ぱそた)をクリックして選ぶと、とユーザ名(ぱそた)が @[ぱそた]​ ​ と[]で囲まれたブルーの文字で表示されます。その後ろに続けて  投稿の本文を入力します。

メンションを入れなかった場合、その場では、読んでほしい相手に何も通知されませんが、メンションを入れると、相手のChatterフィードの「自分宛て」に表示され、画面の右上に赤く通知マークがつきます。

図5

また、相手の連絡先として設定されているメールアドレス宛てに通知メールが届きます。モバイルアプリを利用していれば、待ち受け画面に通知を表示することもできます。

図6

※Chatterのメール通知は、Salesforceにログインしていなくても大切なお知らせが分かる とても便利な機能です。なお、メンションはユーザ(人)だけでなく、グループ宛てに行うこともできます。詳しくは、次回以後のブログでご説明しますね!

 

メンションの他にも、Chatter投稿には 情報共有を効率的に行うための いろいろな機能があります。

「@」でメンションされた人は、自分宛ての投稿を読んだら、ひとまず「いいね」をクリックして既読であることを相手に伝えるのもChatterお作法のひとつです。(社内文化に拠りますが、内容「良かった」とか「悪かった」ではなく、既読を知らせる意味で使います。)また、「いいね」が憚られるときは、投稿をブックマーク(▼)して、コトの成り行きを追跡することもできます。

このほか、弊社ブログ『Salesforceの Chatter投稿記事、LEXなら下書き保存できます』では、Chatter投稿の一時保存(下書き)の仕方をご紹介していますし、商談・取引先・レポートなど具体的なレコードを参照しながら投稿を読んでもらいたい場合に使う『やってみたSummer’18新機能 Chatterでレコードをリンクする』や、絵文字の入れ方『Chatterにカラフルな絵文字を!Winter’18リリースから使えるLightning新機能』など、便利で楽しい機能など、様々ご紹介しています。ぜひ試してみて下さいね。

最後に

「もう少し詳しく知りたい!」
「いま、使っている組織環境の場合について相談したい!」
日々の運用で悩むこと、Salesforceのヘルプを見たけれど解決方法が分からないことなど
ちょっとしたことを相談できるサービスがあるといいなと思うことはありませんか?

AGORAには、Salesforceの解説書「活用ガイド」、有資格者が応対する「問い合わせサービス」など、さまざまなサービスがございます。詳細はこちらよりご覧ください。無料トライアル登録していただくと、設定に関するご質問を1つ 無料でお受けいたします。

なお、AGORAではSalesforce活用のための各種セミナーを随時開催しています。 ご興味をお持ちいただけるようでしたら、ぜひお申し込みのうえご参加ください。