それ、セールスフォースならすぐできる!きれいな営業ダッシュボードの作り方

 2018.03.22 HagaSatoshi

こんにちは、デベロッパーのHです。

今回はセールスフォースを使った、営業ダッシュボードの作り方をご紹介します。きれいで詳細な分析資料があっという間に作成できるんです。

営業会議のために分析資料をすぐに作成してほしい

弊社もセールスフォースを使って営業活動の管理をしており、日々の商談情報はすべてここに入力しています。商談の更新が遅れると突然怒られることもあるので、忙しくても最新の状況への更新だけは欠かせないようです。

そんな忙しいときに限って部長から突然の依頼が…

“来週の営業会議のために、今の商談の状況を一目でわかるようにまとめてほしい”

普通ならまいってしまうような状況ですが、こんな時こそセールスフォースを上手く使って乗り切ることが出来ます。

商談状況の分析結果をグラフィカルに表示する “ダッシュボード”

セールスフォースには、今まで入力したデータを使って、成立した商談の件数や合計金額の推移などをグラフィカルに表示できる“ダッシュボード”という機能があります。

こんなに立派な分析資料がなんとドラッグ&ドロップで作成できるんです。これならそのまま営業会議で発表をすることが出来ますよね。「その内訳はどうなっているの?」なんて質問に対しても…..

ダブルクリックで内訳が記載されたレポートの画面に移ることができるので、これを使って説明をすることができます。

“ダッシュボード”の作り方

ダッシュボードにご興味を持って頂けましたか?ご興味を持って頂いた方は、セールスフォース管理者をマルチサポートするシステム担当者支援サービス 「AGORA」の「活用ガイド」に詳しくまとめられていますので、ぜひご覧ください。

※活用ガイドは画像のクリックからご覧いただけます。

AGORAに登録して追加で「活用ガイド」をご覧ください

AGORAでは、セールスフォースでお困りの方のための「活用ガイド」を100記事以上ご用意しており、無料でご覧いただけるものもございます。AGORAにご登録いただければ読みたい「活用ガイド」(有償)をさらにおひとつ追加でご覧いただけます。

ダッシュボードに関しての活用ガイド

  • 登録した情報をビジュアル化しましょう 〜ダッシュボードを作成する〜
  • 登録した情報をビジュアル化しましょう 〜コンポーネントの変更・詳細設定〜
  • 登録した情報をビジュアル化しましょう 〜コンポーネントの編集と更新〜

まだご利用になられていない方は、ぜひ以下よりご登録ください。

※AGORAの活用ガイドはこちらよりご覧ください。

Salesforceの自社導入・運用支援サービス AGORA

ブログ購読のご案内