タブへのこだわり

 2014.12.01 solution_consulting_team

こんにちは、Solution Consulting のVanilla Jediです。

今回は、「カスタムタブ」について書きたいと思います!

まず、「カスタムタブ」を設定することで、
・作業画面が切り替えられる
・ビューが作成出来る
・グローバル検索でHitする
と、皆様ご存知だと思いますが…いくつかメリットがあります。

そんなタブですが、
私は「カスタムタブ」の設定に”妙に”こだわりを持っています。

(1)タブスタイルはわかりやすく!
(2)他のタブと区別しやすく!

というポリシーで設定をしています。

 

<タブスタイルはわかりやすく!>
「カスタムタブ」の設定と言っても、
Salesforce.comにはたくさんのタブスタイルが用意されています。
例えば、以下のカスタムオブジェクトを作成して「カスタムタブ」を設定するとき、

「経費申請」だったら → お金に関わるから「札束」だな〜
「セミナーマスター」だったら → 講師が居るから「プレゼンター」だな〜
「課題管理」だったら → 書き込むから「鉛筆」だな〜

なんて、オブジェクトの機能とタブスタイルが想像で繋がるように考えて設定をしています。

 

<他のタブと区別しやすく!>
これは、他に使用している標準オブジェクトのタブの色と
近い色のタブスタイルは使わないようにしています。
なぜかと言うと、過去にSalesforce.com導入直後のエンドユーザさんから、
「自分が今どこの画面にいるかわからず迷子になってしまう…」
と言われたことがあります。

そんなとき私は、
「今どの画面にいるか、タブの色で覚えてほしい!」とお話しています。
これはカスタムタブに限った話ではなく、標準オブジェクトのタブでも同じです。

「取引先」は青です!
「取引先責任者」は紫です!
「商談」は黄色です!

とエンドユーザさんへ説明しております。

 

スクリーンショット 2014-12-01 21.22.52

 

「カスタムタブ」の設定自体は30秒もあれば完了します。
ですが、エンドユーザさんの立場で考え、各「タブスタイル」に愛着を抱いてくれるように、思いを込めて考えて設定することで、末永く使って頂けるSalesforce.com環境が出来上がるのではないかと思います!

 

Actii – Salesforce管理者の常駐支援サービス

ブログ購読のご案内