データローダでこんなこともできる!~Chatter通知の一括設定編~

 2019.02.26 support_service_team

はじめまして!アドミニストレーターのO下です。
10月に入社し怒涛の研修期間を終え、先日からオンサイト先で就業開始となったばかりの新人です。
研修中はさまざまな知識を詰め込まれ…いや、得ることができたのですが、中でもデータローダで出来ることの多さにとても感動しました。
今回は、ほんの一例『データローダでChatter通知の一括設定もできる!』をお伝えします。

Chatterについて
ChatterはSalesforceをお使いのみなさまはご存知かとは思います。
簡単に言うと、SNSです!
もう少しご説明すると…
・社内の情報共有・意見交換などが円滑にできる
・お客様から直接意見をいただいたり、アンケートの実施も可能
・外出先からでも情報をキャッチ
・レコードが編集・保存された時に自動でChatter投稿することも可能
など、とても幅広い機能ですね!
ちなみにパソナテキーラでは、全体でのチャット以外にも部署・同期・勉強会・プロジェクト・部活動…ごとにグループを作って大活用しております。

Chatterの通知機能について
そして、Chatterといえば通知機能。
自分のアイコン→設定→Chatter→メール通知 内でChatterに関する通知設定が可能です。

フォローをされた・メンションを受けた・コメントがあった時の通知や、参加グループでの通知頻度の設定が個人でできます。
例えば、個人設定にあるChatterグループ毎の通知頻度は、データローダで設定することも可能なんです。

このグループは大事だから、全員に投稿ごとに通知したい!などあるかと思います。
そこで、データローダ様のご登場です(パチパチ…)。

データローダでの設定方法
データローダの基本的な使い方に関しては、こちらの記事をご確認くださいませ。

https://www.pasonatquila.com/blog/salesforce/dataloader_201901.html

まず、【ユーザ(User)】【グループ(CollaborationGroup)】【グループメンバー(CollaborationGroupMember)】3つのオブジェクトをExportします!
そしてExportしたファイルを開きます。
【グループメンバー(CollaborationGroupMember)】の
・B列[COLLABORATIONGROUPID]が【グループ(CollaborationGroup)】の[ID]にあたり、
・C列[MEMBERID]が【ユーザ(User)】の[ID]、
・D列[NOTIFICATIONFREQUENCY]が通知頻度にあたります。

下記は、それぞれのオブジェクト・項目の説明です。

いちばんわかりやすい編集方法としては、【グループ(CollaborationGroup)】シートと【ユーザ(User)】シートを【グループメンバー(CollaborationGroupMember)】に挿入し、
【グループメンバー(CollaborationGroupMember)】のB列・C列の横に列を挿入し、vlookup関数で値を参照します。
これで編集したいChatterグループ・メンバーの設定を[NOTIFICATIONFREQUENCY]列で変更します。

そして、またデータローダを起動し、今度は【グループメンバー(CollaborationGroupMember)】のUpdateを行います。
[Id]と[Notificationfrequency]がマッピングできればOKです。
設定は以上です!データがきちんと変更されたかどうかも確認してくださいね!

注意事項
・挿入した列は色付けしてわかりやすくしておきUpdateの際は削除すること
・csvファイルのため、シートを挿入しても保存はできません(フォントやセルの装飾も同じ)
・個人での設定も可能なため、変更しないようアナウンスすることも重要

最後に
パソナテキーラでは、上記のようなSalesforceの運用に関わる作業をお手伝いする、Salesforce認定アドミニストレーターを派遣するActiiというサービスをご提供しています。
Salesforceを導入したはいいが、運用にまで手が回らない!とお困りのお客様にぴったりですよ。

Actii – Salesforce管理者の常駐支援サービス

ブログ購読のご案内