Lightning レポートビルダー(ベータ)を有効化して直感的なレポートを体験!

 2018.05.01 support_service_team

こんにちは!

新人アドミニストレーターの I です。

今回は、Lightning レポートビルダー(ベータ)についてご紹介いたします!

皆さんは、もうすっかりLightningに触れる機会が多くなりましたか?

私は、Classicに触れる毎日を過ごしております★

たまにLightningに切り替えては少しのぞき、すぐにまたClassicへ切り替える!! 😎

そんな私が、Lightningレポートビルダー(ベータ)を有効化すると

どんなレポートが作成できるのか、体験してみました。

Lightningレポートビルダーを有効化

(今、Classicを表示されてる方は、Lightning Experienceへ切り替えください)

1. ①「設定」から、②[クイック検索]ボックスに「レポート」と入力し、③「レポートおよびダッシュボードの設定」を選択します。

2. ④「Lightning レポートビルダーの有効化(ベータ)」を選択し、⑤「保存」をクリックします。

3. Lightningレポートビルダーへのアクセス権を付与するには、「レポートビルダー(Lightning Experience)」システム権限をユーザに割り当てます。プロファイルもしくは権限セットで割り当て可能ですが、今回私は、「権限セット」で割り当てました。

※権限セットにつきましては、こちらをご参照ください。

有効化完了!!

1〜3の手順で有効化が完了し、Lightning レポートビルダー(ベータ)を 使用できる準備が整いました!

4. ①[レポート] タブから、②[新規レポート] をクリックします。

5. ③④「レポートタイプ」を選択し、⑤[続行] をクリックします。

6. レポートが編集モードで開き、プレビューが表示されます。

7. 編集モードで、レポートの項目を⑥として追加および削除し、⑦⑧行と列をグループ化、検索条件を絞り込み、⑨グラフを表示または非表示にします。必要なデータが正確に表示されるまでレポートをカスタマイズします。

8. 必要なデータが表示されたのを確認の上、⑩[実行]をクリックします。

9. 完成したレポート結果が表示されます。

グラフがテンポよく変化していくので、色々な検索条件で絞り込んで、

どんどん掘り下げたくなります♪

是非「有効化」して、お試しください!

 

パソナテキーラではこのようなページのカスタマイズから、導入のサポート、

要件に合わせたSalesforceの運用のお手伝いをする認定アドミニストレータの派遣事業を行っております。

Salesforceの運用改善などのご要望がございましたら、ぜひお気軽にお問合せください。

Actii – Salesforce管理者の常駐支援サービス

ブログ購読のご案内