Salesforce上でお休みを知らせよう~不在通知〜

 2019.01.09 support_service_team

こんにちは。アドミニストレータのSです。

年末年始や長期不在時の際にGmailやOutlookなどで自動返信メールを設定し相手にお知らせする機能があるかと思いますが、SalesforceでもChatter上で休暇表示(オフィス不在)を表示することが出来る「不在通知」というお役立ち機能がありますのでご紹介いたします。

設定手順

<システム管理者による設定>

オフィス不在を組織で利用するには、[Chatter 設定] にて有効にする必要があります。

以下は、Lightning Experience画面での設定方法になります。

1.[設定] |[機能設定] |[Chatter] |[Chatter 設定] に移動します。
2.[編集] をクリックします。
3.[不在通知] セクションで、[ユーザは不在通知を設定できます] にチェックを入れます。


4.[保存] をクリックします。

<各ユーザによる設定

各ユーザ画面にて個々に設定をします。

1.プロファイル画面を開きます。

2.「不在通知」をクリックします。

3.開始日、終了日、メッセージを入力します。

4.「保存」をクリックします。

ユーザプロファイルヘッダーや Chatter 投稿の @メンションの横に表示がされます。

他にも関連リストのユーザ名 (フロート表示の状態) やユーザプロファイルのマネージャ名などの横にも表示されます。

Chatterフィードで気軽に予定を確認でき、終了日が経過すると、オフィス不在メッセージは期限切れとなり、

表示が消えますので無効にする必要はありません。

そのほかの使い方として、肩書やアピールしたい内容など期間を指定して自由にメッセージを表示させるといった使い方も出来ます。

とても簡単に設定が出来ますのでぜひご利用ください。

最後に

パソナテキーラ では、今回ご紹介させていただいたようなSalesforceの運用方法を理解したアドミニストレーターがお客様先でサポートする「Actii」というサービスをご提供しています。

もしご興味を持たれましたら、以下の資料をダウンロードください。

Actii – Salesforce管理者の常駐支援サービス

ブログ購読のご案内