Salesforce認定アドミニストレーター資格と、取得までの勉強方法

 2017.03.01 support_service_team

こんにちは。アドミニストレーターの友坂です。

いきなりですが、Salesforceのスキルを習得していくにあたり、せっかくなら認定資格も取得したいと考えたことはありませんか?
Salesforceでは、管理者/コンサルタント、アプリケーション構築者、開発者、アーキテクト、Pardot、Marketing Cloudと各担当者向けのさまざまな認定資格が用意されています。

今回は管理者/コンサルタント向けの基本認定資格「認定アドミニストレーター」についてと、取得までの勉強の仕方についてご紹介させていただきたいと思います。

ちなみに私はIT系の業務は未経験でしたが、約1ヶ月半ほどで認定アドミニストレーターを取得することができました。

「認定アドミニストレーター」資格とは

認定アドミニストレーターは、Salesforceのシステム管理者を認定する資格です。Salesforce組織のメンテナンスや、業務用件に基づいた管理、カスタマイズを行う役割を担います。
試験範囲は、Sales Cloud、Service Cloudのアプリケーションやエンドユーザが利用できる機能をはじめ、システム管理者が利用できる設定や管理におけるオプションを幅広く網羅しているため、管理者として、またエンドユーザとしての知識や経験があったとしてもそれだけで合格するのはなかなか容易ではありません。

認定アドミニストレーター StudyGuide(概要や出題範囲)

資格取得に向けどう勉強すればいいのか

パソナテキーラではどのようにして認定資格を取得しているのか、認定アドミニストレーター資格を持つ社員何名かに話を聞いてみました。


まずは前編3日間、後編2日間の認定トレーニングを受講。


StudyGuideにも推奨トレーニングとして記載がありますが、「集合研修トレーニング: Salesforce 管理Ⅰ- 基本機能を習得しよう [前編]/[後編]」を受講します。これから管理者を目指す方や知識を深めたい方、資格取得を目指す方にとっては必須ともいえるハンズオンがメインの実践的なトレーニングです。認定トレーナーの丁寧で分かりやすい講義とすぐに実務に生かせる演習で、基礎知識を確実に定着させていきます。


テキスト、演習ガイドを読み込み、分からない部分をヘルプ&トレーニングで調べる。


テキスト、演習ガイドは認定トレーニングの際に提供されます。ヘルプ&トレーニングで理解できないところはインターネット検索でユーザや企業のブログなどで調べることも。※情報が最新である保証はないので注意が必要です。


StudyGuideから試験範囲を確認し、不足箇所のWebセミナーを受講する。


Success – カスタマーサクセス 日本

Salesforceの機能に関する過去のWebセミナーの聴講や資料の取得ができる他、リアルタイムでの聴講も可能。リアルタイム聴講であればその場でチャットで講師に質問でき、時間内の回答が得られなくても、後からサクセスコミュニティ内で回答を確認できます。また、リリースごとの機能紹介があったり、ユーザの方が実務や運用についてさまざまな質問をされていたり(試験対策ではありません)、非常に有用です。

はじめようSalesforceシリーズウェブセミナー

全5回で、リアルタイム、または録画で聴講可能。基本的な部分を丁寧に説明してくれます。資料の展開もあります。

過去のWebセミナー一覧

ヘルプ&トレーニングを見ても理解できなかったことや試験範囲内のセミナーを聴講します。ただし、古いものも多いため、現在の機能と比較するのが望ましいです。


トレーニングの演習ガイドの演習を繰り返す。自分で要件を想定し組織で検証する。


もしも要件が想定しづらければ、演習ガイドの演習を改変してみたり、インターネットでさまざまな要件を検索してみるのもいいかもしれません。読んで覚えることも大切ですが、繰り返し組織で手を動かすことでより強く覚えることが可能です。


また最近はTrailheadも和訳が進んできて非常に使いやすくなっています。動画やハンズオンのチャレンジはまだ英語であることが多いですが、読むだけでも勉強にはなると思います。

CRMの概要
システム管理者初級
システム管理者中級     …等
※試験範囲のすべてを網羅しているわけではありません。


パソナテキーラでは、このように私を含め多くの社員がさまざまなツールを利用し資格取得に向け日々勉強に励んでいますが、やはりまず最初の一歩としてはトレーニングが有効です。講師の丁寧な講義とサポート、実践的な演習はもちろんのこと、トレーニングで提供されるテキストや演習ガイドも、より効率的に機能を学習していく上で非常に有益です。

最後に

弊社では、認定アドミニストレーターの他にも、さまざまな認定資格をサポートするSalesforce認定トレーニングをご提供しております。
目的に合わせてぜひご利用ください。

※認定トレーニング一覧はこちらから

以上、認定アドミニストレーター資格と、取得までの勉強方法でした。

Actii – Salesforce管理者の常駐支援サービス

ブログ購読のご案内