検索結果を絞り込むには?~あれば便利な設定~

 2017.06.23 support_service_team

こんにちは、株式会社パソナテキーラ  新人アドミニストレーターのSです。

 

梅雨も終わったのかな?という感じの陽気が続いていますが、皆様いかがお過ごしですか。

暑い日でも、少しの工夫で日々の業務が効率化できたらやる気も上がりますね!

今回は、「沢山のデータからより早く必要なデータを見つけたい!」
そんな場合の簡単な検索条件設定方法を3つ紹介します。

1. 検索結果の表示件数を制限する

2. 検索結果を項目で絞り込む

3.  検索結果レイアウトをカスタマイズする

※検索方法については ブログ セールスフォースの基本機能  グローバル検索 をご参照ください。

 

1. 検索結果の表示件数を制限する

画面操作手順:[設定]|[ビルド]|[カスタマイズ]|[検索]|[検索の設定]

例:ABC株式会社の ある商談を見つけやすくするために、1ページあたりの検索結果 表示件数を制限したい場合。

オブジェクト別検索結果表示件数 で 該当オブジェクト「商談」を選択し、

1ページに表示する件数を「10」件と入力。

結果、一覧表示件数が減り、商談が探しやすくなりました。

2. 検索結果を項目で絞り込む

オブジェクトごとに設定を行います。

例:ABC株式会社の教材に関する商談のうち、「所有者」が川田さんの商談を絞り込む。

 

画面操作手順:[設定]|[ビルド]|[カスタマイズ]|[商談]|[商談検索レイアウト]

「検索条件項目」の「編集」を選択。

 

選択可能な項目一覧より「所有者 氏名」を追加し、保存。

設定後の画面は以下のようになり、所有者 氏名にて検索結果を絞り込むことができました。

3.  検索結果レイアウトをカスタマイズする

下図枠線部分の検索結果に表示する項目を、必要な項目だけに絞ります。

操作手順:[設定]|[ビルド]|[カスタマイズ]|[商談]|[検索レイアウト]|「商談検索結果」を「編集」

「フェーズ」「完了予定日」を選択し、「削除」

※ちなみに「選択済みの項目」の上からの順が、検索結果の左から表示される順番になります。

検索結果画面がよりすっきりとして、目的の商談が見つけやすくなりました。

 

大量のデータを保有する場合に便利な機能だと思います。

システム管理者の方はぜひ試してみてくださいね!

 

最後に

パソナテキーラでは、直接御社に伺い、設定の代行業務やシステム管理業務を行う

アドミニストレーター派遣事業を行っております。
保守・運用をご担当されているものの、お一人では設定が不安な方、業務多忙な方、

弊社のSalesforce認定アドミニストレーターがお手伝いさせて頂きます。

気になる方は、ぜひ弊社までお問い合わせください。

Actii – Salesforce管理者の常駐支援サービス