セールスフォースの基本機能 プロセスビルダー

 2017.01.18 support_service_team3

はじめまして!サポートサービス部・新人アドミニストレーターの箱崎と申します。

今回はSalesforceのプロセスビルダー(Lightningプロセスビルダー)についてまとめます。

プロセスビルダーは画面に従って入力、ポイント&クリックするだけで、様々なアクションを自動化できるツールです。

例えば、商談成立後にChatterへ投稿する作業を自動化できます。

 

1.    プロセスビルダー(Lightningプロセスビルダー)とは

次世代のワークフロー作成ツールです。

フローチャートのような状態なので前後の関係が分かりやすく、一目で流れを把握できます。

なお、Salesforceにおけるワークフローとは、今回ご紹介するプロセスビルダーと同様に、メールの送信などのアクションを自動化するツールをさします。

*それぞれの機能的な違いはセールスフォースのヘルプを参照して下さい。

https://help.salesforce.com/articleView?id=process_which_tool.htm&type=0&language=ja

=使えるアクション=

プロセスビルダーでは以下のアクションを自動化するよう設定できます。

特に、レコードの作成やChatterへの投稿、クイックアクションの使用はプロセスビルダーのみの機能です。

Apex Apexコードをコール
Chatterに投稿 ユーザやグループ、レコードのフィードにメッセージを投稿
クイックアクション クイックアクションを使ったレコードの更新・作成、活動の記録
フロー Visual Workflowを起動
メールアラート メールアラートを送信
レコードを更新 プロセスを開始したレコードもしくは関連するレコードを更新
レコードを作成 プロセスを開始したレコードもしくは関連するレコードの値を利用して

レコードを作成

手順 有効な別のプロセスを呼び出す
承認申請 承認申請を送信

 

2. プロセスの作り方

それでは早速、「商談が成立したらChatterへ自動的に投稿する」プロセスを作成します。

=プロセスビルダーの場所=

設定>(ビルドにある)作成>ワークフローと承認申請>プロセスビルダー

=プロセス名の定義=

新規作成でプロセス名とAPI参照名を定義し、プロセスを開始するタイミングを選びます。

あとはチャートに従って入力していくだけです!

①オブジェクトを選択 (商談が・・・)

  ②条件を設定(成立したら・・・)

③アクションの選択(Chatterに投稿する)

*今回はあらかじめ営業のChatterグループを作成し、投稿先に設定しています。

➃最後にフローを確認し、OKであれば有効化ボタンをクリックして完了!

以上で設定は完了です!

今回はChatterへの投稿のみですが、条件を追加して商品ごとに異なる公開グループに投稿する、一定の条件を満たす場合は承認申請を自動で申請する、などの複雑なプロセスが作成出来ます。

 

3. おわりに・・・

プロセスビルダーはワークフローよりも視覚的に作成することができ、自動化できるアクションも豊富にあります。

レコードの作成や編集、承認申請やメール送信、Chatterへの投稿はどんな時に行っていますか?

その作業、もしかしたら自動化できるかもしれません。

 

弊社ではSalesforceスキルを取得するための認定研修プログラムの提供や、Salesforceの導入・運用サポート、認定アドミニストレーターの派遣事業を行っています。

パソナテキーラのサービス一覧はこちら

様々な形で業務効率化のお手伝いが可能です。

ご興味がありましたら是非お問い合わせください。

以上、プロセスビルダーについてでした。

Actii – Salesforce管理者の常駐支援サービス

ブログ購読のご案内