Salesforce管理サポートの”Actii”を他の会社はこう使っている

 2018.02.26 Pasona Tquila

皆様、こんにちは。アドミニストレーター常駐支援サービス「Actii」の担当営業Tです。
まだまだ、寒さが続いておりますが、体調はいかがでしょうか。

お客様先に伺うと、よく質問されるのは「他の会社は、アドミニストレーターにどんなことをしてもらっているの?」ということだったりします。ですので、今回のブログでは、アドミニストレーターが実際にお客様先でサポートしている内容について、いくつかピックアップし、ご紹介させていただきます!

1.通信事業会社様の場合

《お客様の課題》
Salesforceを導入していたものの、それぞれの部門向けの
画面が構築されていなかった。ユーザー側から多くの変更・追加要望が上がっていたため、Salesforceの画面を再度部署ごとに調整し、システムの利便性を向上する必要があった

《具体的な作業内容》
主に、Salesforceに関するお問い合わせ対応、既存・新規ベンダー・社内各部署との調整役、Salesforceの軽微な改修などを担当。 レポート・ダッシュボード作成及びセキュリティ設定、入力規則の見直し及び設定、Salesforce新機能追加及び社内ユーザーへの周知など

《Actiiの評価ポイント》
常駐しているので面と向かってコミュニケーションが取れる。メール・電話よりも業務内容の理解が早く、認識齟齬も起きない

2.メディア事業会社様

《お客様の課題》
運用担当者様がSalesforce以外のシステムも担当されておられる状況でSalesforceで実現したい機能を中々、実現できていない状況にあり、人材も不足しているという課題があった

《具体的な作業内容》
1の通信事業会社様での作業内容と同様で、設定から周知までを担当

《Actiiの評価ポイント》
一番喜んでいただいたのは、実際にSalesforceを現場で使う方々に向けたマニュアル作成でした。担当者の方がマニュアルなどのドキュメント作成を行う余裕もなく、各部署へのヒアリングなど一言にマニュアル作成と言ってもその準備は、労力を要するものとなります。そこで、弊社アドミニストレーターが担当者様の代わりにご支援させて頂き、これまでより格段に利用促進が進んだ事例です

3.電力事業会社様の場合

《お客様の課題》
個人がそれぞれで保有しているExcelのデータをSalesforceに移行し、一元管理を行うためにSalesforceを導入した。しかし運用を行っていくにあたり、社内にSalesforceの知見がなく、定期的な異動もあるため、軽微なルーチンワークでも対応が難しい状況だった。

《具体的な作業内容》
データのクレンジングやワークフロー設定のご支援など

《Actiiの導入効果》
お客様企業内でSalesforceに対する知識を少しづつ蓄えていきつつ、ルーチンワークはアドミニストレーターが担当することで、人事異動の激しい組織であっても問題なくSalesforceを運用することが可能となりました

最後に

3つのお客様はそれぞれActiiでご支援した作業内容は異なるものの、Salesforceの知識やスピードを求められているということでは共通です。

内製化を促進する事も一つの選択肢ではありますが、知識を持っている者に任せ、お客様の本業に注力していただくのも一つの選択肢ではないでしょうか!

売り込み口調になってしまい、恐縮ではございますが、、、

Salesforce運用中のユーザー様で何かしらの課題をお持ちでしたら、お気軽にご相談頂けますと幸いです!

Actii – Salesforce管理者の常駐支援サービス

ブログ購読のご案内