導入事例:電力事業会社B社

Salesforce導入時の作業を実施し、
ベンダーとのコミュニケーション役で
業務情報の一元管理を実現

他部署で導入済みであったSalesforceの導入を決定し、開発ベンダーと調整を進めていたが、
部門内にSalesforce側の仕様を理解している社員がおらず、要件定義なども難航。
その解決策として、Actiiの導入を決定しました。

業務効率化のために契約情報の一元管理を実施したい

お客様の課題

業務効率化のために契約情報の一元管理を実施したい

調達先や供給先など、それぞれ外部のデータベースと連携を行っているB社は、マスターデータが複数存在し、データのやり取りが非効率に行われているという課題を抱えていました。特に今回Salesforceを導入する部署では、受注後の契約処理が非常に多く、その処理上で必要となる情報が分散している状態を改善する必要があると考えていました。しかし、導入にあたって、社内にSalesforceの知識を持っている者がおらず、開発ベンダーとの間で仕様に関するきちんと意思の疎通ができておらず、要件定義フェーズでも遅れが生じていました。そのため、常駐でB社の業務を理解しつつ、Salesforceも理解している人材が必要と考え、パソナテキーラにサービスに依頼しました。

運用開始時期が迫る中、B社様側での導入支援に従事

サービス内容

運用開始時期が迫る中、B社様側での導入支援に従事

パソナテキーラ のアドミニストレーターは、1週間に1回行われる外部ベンダーとの打ち合わせに参加したり、運用現場からの業務ヒアリングを行いながら、お客様と密にコミュニケーションを取っていきました。さらにB社様の要望を日々吸い上げながら業務理解を深め、Salesforce側の仕様を含めた要件整理や設定・調査業務を実施しました。

こうした柔軟な対応を行って業務改善に結びつけたことに高い評価をいただき、8ヶ月たった現在でもアドミニストレーターのご支援は続けています。

お問い合わせ

パソナテキーラが提供するソリューションやサービス・製品に関するご相談などお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ