コンサルタントマネージャー 市場

エンジニア未経験からITコンサルティングへ
キャリアチェンジを志して、上京を決断

パソナテキーラに入社するまでは、出身地である大阪で働いていました。求人広告の制作を行ってから、店舗情報のポータルサイトの営業職、管理職も経験しました。営業の仕事をする中でセールスフォースに触れ、いかに業務を効率化していくかという管理のほうに興味が湧いてしまって……。転職を視野に入れ、ITコンサルティングに絞って転職活動を行うなかでパソナテキーラに出会い、「セールスフォース」と「コンサル」の仕事がしたい一心で上京、入社を決めました。

まずはスキルを習得しようと決意して、
目標をあらかじめ設定し、必死に勉強をしてきました

最初は「オンサイト・アドミニストレーター職」として入社しました。セールスフォースのコンサルタントになりたくてパソナテキーラを選んだのですが、IT業界は未経験だったので、まずはスキルの習得に専念しよう、と。休日も着々と勉強し、まずはしっかりとテクノロジーの知識を自分の中に叩き込みました。

アドミニストレーターとしての最初のオンサイト先は、実は以前営業として勤めていた会社です。セールスフォースを導入したものの、どうもうまくいっていなかったため、私がセールスフォースの会社に転職したことを知って元上司が声をかけてくれました。

               コンサルタント マネージャー 市場 

通常、アドミニストレーターの仕事は、お客様からある程度こうしてほしいという要望があった上で作業を行うので、これは極めてイレギュラーなケースなのですが、ここぞとばかりに構想から設計まで、全部自分でやっちゃいました(笑)。自らコンサルして、古巣のシステムを作り変えてしまいました。在職中はどうにかしたくてもどうすることもできませんでしたが、知識を身につけて、自分の手でセールスフォースの最適化を図れたことは大きな達成感となり、今でも最もやりがいのあった仕事として自信につながっています。この仕事が評価されたのか、開発部門から声がかかり、念願のコンサルティングチームへ異動となりました。

単なるシステムの話でなく、何をしたらお客様の業務を改善できるのか
お客様のビジネスを変えなければ、提案の意味がない

コンサルタントの仕事はまず、お客様の業務内容や現状をしっかりとヒアリングすることで問題点を洗い出し、業務プロセスに落とし込んでいきます。そして、それを元にどんな改善策があるのかを考え、お客様へ提案します。そこでOKが出れば、具体的にお客様がどんなシステムを実現したいのか要件を整理していきます。

提案の際は、単純なシステム構築の話だけではなく、具体的にどんなやり方で管理をし、どんな数字を追っていけば業績アップにつながるのかなど、ビジネス上の提案も含めたアプローチをとっています。そういう意味では、業務コンサルタントに近いと言えるかも知れません。

私たちの方針として「お客様のためにならないことはやらない」ということがあります。たとえお客様の要望でも、それがお客様のビジネスを最適化するものでなければ、はっきりと「No」と言うことを心がけています。無理にセールスフォースをお勧めするようなこともしません。お客様のビジネスを変えないシステムはいらないんです。

そう考えると、自分がコンサルに入ることで「お客様のビジネスを変えなきゃ意味がない」と思っていますし、逆に「お客様のビジネスを変えられる」ことにこの仕事の面白さがあると思います。そしてそれが評価に直結するところ。1度お手伝いしたお客様から再度声がかかったり、なかなかまとまらなかった会議も、自分がファシリテートすることですっとまとまったりすると、ものすごく爽快感があります。その分過酷な部分もありますが、評価がダイレクトに得られるという点ではのめりこめる仕事だと思います。

これからはマネージャーとして、
キャリアチェンジしてくる人たちを育てていきたい

2016年6月から、マネージャー職となりました。チームを率いる立場として、もっとも重要視しているのはコミュニケーションです。私の提案で、毎朝ミーティングを設けることにしたのですが、そこではお互いの案件の確認のほか、思っていることを何でも言い合える場づくりを心掛けています。言いたいことを論理立てて人に伝えることができるスキルは、そのまま仕事でも必要なスキルになるため、いいトレーニングにもなります。メールやチャットではなく、面と向かって言いたいことが言い合える風通しのいいチームにしてきたいと思っています。

また、マネージャーとして、異業種からキャリアチェンジしてコンサルタントになりたいという気概のある人を受け入れ育てていきたいという気持ちが強くあります。振り返れば私も、コンサルタントとしては異色の経歴で、自分で学びスキルも磨きましたが、この会社に入社して、徹底的にコンサルタントのベースとなるトレーニングを受けました。資料の作り方、会議の進め方から叩きこまれ、今では、他の方が作った資料を見ると、瞬時に改善点を見つけてしまうほど身についています(笑)。

よくも悪くもスタートアップなので、
自分の努力次第で、いくらでも力を発揮できる会社です

パソナテキーラには、成熟した大企業にはない、スタートアップならではのスピード感があります。IT未経験の私が、これほどのスピードでマネージャーまで駆け上がることができたのも、自分の努力次第で、それを評価し、受け入れてくれる体制があったから。もし迷っている方がいたら、ぜひチャレンジしていただきたいですね。

お問い合わせ

パソナテキーラが提供するソリューションやサービス・製品に関するご相談などお気軽にご連絡ください。

お問い合わせ