Salesforceでいったい何ができるの?

Salesforceの導入検討を行う時や、新しく管理担当者になった際に、機能や効果を知りたくても、市販の情報も十分ではなく、独学で必要かつ確かな知識を得るのが難しい、などという声が多く聞かれます。
トレーニングを受けることで、効率よくSalesforceについて学んでしまうのが、技術の理解・習得の一番の近道です。

Salesforceでいったい何ができるの?】

【社内の声】

  • 「Salesforceの解説本って売ってないの?」
  • 「Salesforceのことがわからないと導入も検討できないのだけど」
  • 「導入や仕様変更のために、Salesforceの標準機能を知りたい」
  • 「Salesforceのことをこちらも理解していないと、導入ベンダーの言うがままになってしまう」

解決へのヒント

ヒント1 「何ができるのかまず基本的な機能を理解することが成功する導入の第一歩」

ヒント1 「何ができるのかまず基本的な機能を理解することが成功する導入の第一歩」

Salesforceの運用がうまくいかないもっとも大きな理由の1つとして、「現場が情報をきちんと入力しないで、きちんと使える情報が入っていないこと」がまず挙げられます。もし、事前に利用法やその効果などの情報をきちんと理解していれば、こうした事態が起きることを防ぐことができます。ユーザがSalesforceの機能や効果を端的に理解するために、研修に参加することは非常に有益です。

パソナテキーラでは、営業やサポートの業務フローに基づいて、標準で提供されている機能を活用したエンドユーザ向けのSales Cloud編、Service Cloud編、さらに質問、要望の多いAnalytics Cloud編(レポート、ダッシュボード)、導入検討されている企業様向けに導入検討企業向けコースなど、ニーズに応じたさまざまの研修をご提供しています。1日のトレーニングで概略を理解することができるため、新しく導入される企業様の現場ユーザの方、あるいはすでに導入済みの会社に入社される方など、初めてSalesforceのユーザとなる方でもとまどうことなくSalsforceを利用し始めることができます。

また、導入検討にあたり、標準機能を理解する、どこまで使えるのかを理解したい方にもオススメのコースです。

ヒント2 「自習で苦労するなら、習ってしまうほうが明らかに効率的です」

ヒント2 「自習で苦労するなら、習ってしまうほうが明らかに効率的です」

「システム管理者に任命されたけど…」「今よりも高度な要望に対応できるよう、知識やスキルを高めたい」などと思うものの、のテクノロジーは、 Web上での情報や市販の書籍も少なく、用語や概念も独特で、独学での習得しにくいのが現状です。自己流で利用している場合、正しい設定方法を理解していなかったり、利用できるはずの機能が利用できていなかったり、といった事態に直面することもあります。
一人で悩んで苦労するよりも、プロに正しい方法を教えてもらってしまったほうが、ずっと効率的で仕事も劇的にスピードアップします。

パソナテキーラは、これからSalesforce管理者になる方、また現在Salesforceの管理者でスキルアップを考える方を対象とした研修をご提供しています。初めて管理者になる方のために一連の流れや操作を理解し、設定や保守にお役立ていただけるエントリーコースから、上級管理者を対象とするコースなど、認定コースも幅広くご提供しております。

関連資料ダウンロード

Salesforceの導入や運用にまつわる有益な情報や
弊社のカタログなどをダウンロードいただけます。

お問い合わせ

Salesforceソリューションに関するあらゆること、
お気軽にお問い合わせください。ご相談は無料です。