クラウドインテグレーションサービス

クラウドインテグレーションサービスは、クラウドおよびオンプレミス間のデータ連携を熟知したプロフェッショナルが、お客様の現状を調査・把握し、最適なアーキテクチャをご提案。データ連携に強みを発揮する最適なプラットフォームを用いてスピーディに導入までをお手伝いするサービスです。お客様のクラウド移行に伴う課題を、最適なデータ連携でご支援します。

クラウドインテグレーションサービスとは

クラウドインテグレーションサービスとは?

パソナテキーラのクラウドインテグレーションサービスは、クラウドおよびオンプレミス環境における基幹システム、業務システムおよびアプリケーションのお客様の使用用途や情報、通信環境などを考慮しながら最適なアーキテクチャをご提案し、インテグレーションを実現するサービスです。

データ連携

データ連携のプロがコンサルから導入まで実施

データ連携を検討しているお客様のほとんどが、既に何らかの形でシステム間連携を行っており、何らかの課題を抱えています。長年にわたって社内システムの連携を構築してきた企業の場合、情報流通がスパゲッティ化し、あるシステムに投入したデータがどこへ流れていくのかでさえ把握できない、といった事すら起こりえます。これは、データ連携は複雑化・硬直化しており、社内システム群はまるで一つの巨大なシステムのようになってしまいます。
この様な状態では影響範囲がどこまで及ぶのかもすぐには把握できないため、迂闊にシステムを改変することができなくなります。これを解決するにはデータ連携を一度整理し、データの起点はどこにあり、それが最終的にどこまで流れていくかを見極めた上で、変化に強い構造へと段階的に変更していくしかありません。

パソナテキーラでは、プロジェクトに長年携わりデータ連携を熟知したスタッフが、システム間のやりとりを整理。システム環境や導入コストなど様々な観点からの評価を行い、お客様にとって最適な連携方式を提案します。

クラウドインテグレーション

「クラウドインテグレーション」を最適なプラットフォームで、スピーディに実現

昨今クラウドは、システム構築の選択肢として、もはや一般的なものとなっています。しかし一方、社内のすべてのシステムがクラウドで実現されている企業はそう多くないでしょう。特に、クラウドが登場する以前から自社システムを構築してきた企業では、既に多数のオンプレミスなシステムが存在しており、いずれも各業務で需要な役割を担っているはずです。こうした環境の場合、新たにクラウドを導入するには、クラウドとオンプレミスの連携、更にオンプレミス同士の連携を考慮したアーキテクチャを実現しなければなりません。

パソナテキーラでは、クラウド間やクラウド-オンプレミス間でのデータ統合をInformatica Cloudをはじめとしたデータ連携に最適なプラットフォームを用いて、実現します。

MuleSoft

Informatica

Informatica Cloudは、SaaS, IaaS, PaaSなどのクラウド環境間や、クラウド―オンプレミス間のデータ統合と管理をクラウドサービスのiPaaS(Integration Platform as a Service)で実現する、クラウドデータ統合ソリューションです。

・各種クラウドサービスを中心としたコネクターによるネイティブ接続
・業務ユーザーがセルフサービスで利用できる直感的なWebベースUI
・クラウド統合におけるデータセキュリティを担保するハイブリッドアーキテクチャー
・サブスクリプションモデルのソフトウェアライセンス提供

お問い合わせ

クラウドインテグレーションに関するあらゆること、お気軽にお問い合わせください。ご相談は無料です。