Salesforce開発者向けトレーニング

Salesforce Platform
アプリケーションビルダー 基礎差分
【福岡開催】

お申し込み[満席]

開催日時 2019年11月18日(月)・11月19日(火) *2日間コース
概要 Salesforce Platform開発におけるファーストステップのコースです。迅速にアプリケーションを開発するためにSalesforce Platformの宣言的機能(マウス操作による開発機能)の活用方法を、ハンズオン演習を通じて学習します。工数を大幅に削減できるノンプログラミングの開発者を養成します。
※本コースはLightning Experience環境のユーザインターフェースを利用します。 ※本コースはLightning Experience環境のユーザインターフェースを利用します。
受講対象
  • Salesforce 管理Ⅰ(前編)(後編)、または、システム管理者コース(前編・後編)を修了したレベルの Salesforce のカスタマイズおよびシステム管理に関する知識を既にお持ちの方
  • カスタムアプリケーションを開発する Force.com の宣言的機能(クリックによるカスタマイズ機能)を習得したい方
  • Force.com のプログラミングやインテグレーション機能を習得したい技術者
    (※宣言的機能は前提かつ基礎になります)
  • 認定デベロッパー資格を目指す方
前提条件 Salesforce管理Ⅰ[前編] [後編]コースの修了、および同等の知識があること(Salesforceのカスタマイズおよびシステム管理に関する知識があること)
アジェンダ

Force.com プラットフォーム上でのアプリケーション設計

  • アプリケーション設計の基礎
  • データモデルの構築
    カスタムオブジェクト、暗号化項目、主従関係と多対多リレーション
  • ビジネスロジックの基礎
    積み上げ集計項目
  • 設定変更のマイグレーション

複数のユーザに対応するアプリケーション

  • ライセンスとユーザプロファイル
  • Apex共有の理由

ビジネスプロセスの構築

  • 役に立つ演算子と関数
  • プロセスのログ
  • 役に立つ入力規則のテクニック
  • 承認プロセス
  • 設定の変更監査

データ管理

  • レコードID
  • リレーションオブジェクトのデータ管理
  • システム項目を指定したデータ移行
  • Upsert と外部ID
  • バルク API

分析

  • カスタムレポートタイプ
  • 役に立つレポート集計のテクニック
  • 分析スナップショット
  • 分析機能の拡張
※「Salesforce Platform アプリケーションビルダー 基礎」の内容のうち、「Salesforce 管理Ⅰ」と重複している機能部分を省略した内容になります。
受講費用 150,000円(税別)/ 人
※受講料は原則、開催日の10営業日前までに、指定の弊社銀行口座へお振込をお願いしております。 ※金融機関に支払う振込み手数料その他の費用は、別途お客様の負担となります。
申込締切 開始日の10営業日前まで
※開催日の10営業日前までに受講料の入金が確認できない場合はお申込みを無効とします。
※先着順に受け付けますが、お申込み多数の場合、開催1営業日前以前に締め切りとなる場合がございます。
受講期間 2日間(9:30-18:00)
※終了時間は、進捗に応じて前後する可能性がございます。あらかじめご了承ください。
会場 TKP博多駅前シティセンター カンファレンス4
〒812-0011 福岡県福岡市博多区博多駅前3-2-1 日本生命博多駅前ビル8F
電話:092-433-2833
JR鹿児島本線 博多駅 博多口 徒歩2分
福岡市地下鉄空港線 博多駅 博多口 徒歩2分 [map]

お申し込み[満席]

Salesforceの研修に関するご相談など、お気軽にご連絡ください。