Force.com 開発者[前編]
ApexおよびVisualforceによる機能拡張

開催日時
現在開催予定はありません
概要
Force.com プラットフォーム上での宣言的開発に関する知識を習得したうえで、さらにプログラミングによる開発知識を深めたい方におすすめのコースです。Force.com のアプリケーション開発言語であるApexおよびVisualforceを使用した Salesforce アプリケーションの構築・拡張・配置方法について、演習を交えて解説します。

本コースのコンテンツには、オブジェクト指向プログラミングの基礎知識は含まれておりません。既に習得済みであることを前提としています。また、本コースには [後編] があります。[前編]のご受講後に [後編] もご受講ください。
受講対象
  • Force.com のプログラミング機能を習得したいアプリケーション開発者
  • 認定Platformデベロッパー資格を取得したい方
  • Force.com 基礎を修了している方、または 同等の知識を有する方
  • Java、C#などの一般的なオブジェクト指向言語の実装経験を有する方
アジェンダ

■ データモデル

  • カスタムオブジェクトの作成
  • カスタム項目の作成
  • カスタムリレーションの作成
  • セキュリティ

■ Apexプログラミング

  • Apexプログラムの基礎
  • バージョニング
  • 条件ロジック
  • Apexトランザクション
  • Apexプログラム内でのsObject クラスの使用

■ DML

  • 開発者コンソールを使用したデータ変更
  • Apexプログラム内での DMLの実行
  • Databaseクラスを使用したDMLの実行
  • 例外処理

■ テスト

  • テストフレームワーク
  • テストデータの作成
  • テストの実行

■ オブジェクトおよび項目の効果的な活用

  • 数式項目
  • 積み上げ集計項目
  • レコードタイプ

■ SOQL

  • SOQLクエリ
  • SOQLとSQL
  • Apexプログラム内でのSOQLクエリ
  • 動的クエリ
  • リレーショナルクエリ

■ Apexトリガ

  • BeforeトリガとAfterトリガ
  • トリガの定義
  • トリガコンテキスト

■ 効率的なApexプログラミング

  • データベース処理の最適化
  • トリガの最適化
  • モジュール化
受講費用
255,000 円(税抜・テキスト代込)
※受講料は原則、開催日の10営業日前までに、指定の弊社銀行口座へお振込をお願いしております。
※金融機関に支払う振込み手数料その他の費用は、別途お客様の負担となります。
申込締切
開始日の10営業日前まで
※開催日の10営業日前までに受講料の入金が確認できない場合はお申込みを無効とします。
※先着順に受け付けますが、お申込み多数の場合、開催1営業日前以前に締め切りとなる場合がございます。
受講期間
3日間 9:30-18:00
※終了時間は、進捗に応じて前後する可能性がございます。あらかじめご了承ください。
会場
株式会社パソナテキーラ トレーニングルーム

東京都中央区八重洲二丁目3番13号 八重洲ビルディング
JR「東京駅」八重洲中央口より徒歩約3分 (MAP)

お問い合わせ

研修に関するあらゆること、お気軽にお問い合わせください。ご相談は無料です。