• Lineを使った一律のPush配信の効果が頭打ちになってきた。
    先を見越すると、個別に内容を変えていきたいが・・・

    そんなお困りには「Line ビジネスコネクトとSalesforceの統合」

  • お客さま対応のクオリティを向上させるために、
    なにかいい方法はないのか?

    「AIG富士生命」様のコールセンター統合ソリューション事例を見てみる

  • Salesforceの管理をしていた人が転職してしまった。
    誰か管理業務をやってくれる人はいないのか?

    そんなお困りにはまず
    「オンサイト・アドミニストレーターサービス」

エキスパートに聞く
浦岡 大朗 | シニアコンサルタント
浦岡 大朗 | シニアコンサルタント
佐藤 裕喜 | テクニカルアーキテクト

こんなお悩みはありませんか?

  • Salesforce、導入したけれど結局使われていない

    Salesforce、導入したけれど結局使われていない

    SFAやCRM、更には社内業務のプラットフォームとしてSalesforceを導入したものの、十分に社内で活用されていない。そういう会社、実は多いのです。
    一方で、うまく定着化して活用できている企業があるのも事実です。どのような取り組みをしているのでしょうか。

  • 導入後は自分たちでカスタマイズしていけるシステムにしたい

    導入後は自分たちでカスタマイズしていけるシステムにしたい

    Salesforceはクイックに始められて使いながらカスタマイズしていけるのがいいところ。ただ導入時に気をつけないと社内でカスタマイズできず、毎回外部に依頼せざると得ない状況に。最悪塩漬けも。一方で、導入後は自分たちでカスタマイズ、自社にとってベストなシステムへと育てている企業があるのも事実です。どのような取り組みをしているのでしょうか。

  • 見込から売上回収(Lead-to-Cash)まで管理できると思っていたのだが...

    見込から売上回収(Lead-to-Cash)まで管理できると思っていたのだが...

    SFAとは、つまりは営業活動の効率化をはかるものであり、それだけでは売上の予測や請求回収のタイミング、お客様の取引履歴、販売後のやりとりなど、お客様に関する情報の全てを網羅できていないのです。確かにSalesforceは取引記録(トランザクション)を管理することを主眼としたシステムではありません、しかし、そのために営業システムを複数乱立させるのは、使い勝手や管理の面で煩雑さを増すだけです。
    一方で、単なる営業の活動記録にとどまらないSalesforceの利活用を実践されているお客様もいらっしゃいます。どのようなアプローチが目的達成への道筋となるでしょうか。

  • Salesforceでいったい何ができるの?

    Salesforceでいったい何ができるの?

    Salesforceの導入検討を行う時や、新しく管理担当者になった際に、機能や効果を知りたくても、市販の情報も十分ではなく、独学で必要かつ確かな知識を得るのが難しい、などという声が多く聞かれます。
    トレーニングを受けることで、効率よくSalesforceについて学んでしまうのが、技術の理解・習得の一番の近道です。

  • データ連携がもっと簡単にできる方法はないの?

    データ連携がもっと簡単にできる方法はないの?

    企業内のシステムのクラウド化が進むにつれ、オンプレミスだけではなく、クラウド上にある無数のシステムのデータ連携手段を模索する必要性が増加してきています。
    データ連携自体は新しい概念ではありませんが、近年、より利用されるシステムやアプリケーションが多様化し、開発を行っていくことが難しくなってきたことで、データ連携ソリューションの導入を検討されている企業が増えています。

お問い合わせ

パソナテキーラに関するあらゆること、お気軽にお問い合わせください。ご相談は無料です。

パソナグループ40周年パソナグループ