Salesforce画面のカスタマイズ (Lightning版)

 2019.01.31 support_service_team

こんにちは、新人アドミストレーターのYです。

普段Salesforceを使用していて、ホーム画面に表示したい項目がある。レコード画面をもっと見やすくしたい。と感じた事はないでしょうか?

そんなお悩みを解決するのが、Lightningアプリケーションビルダーです。

今回は、Lightningアプリケーションビルダーを使用した画面のカスタマイズについて
ご紹介いたします。

Lightningアプリケーションビルダーとは?

Lightningアプリケーションビルダーは、下記3種類のLightningページをポイント & クリックで簡単にカスタマイズできるツールです。

① ホームページ・・・全体のホームページ(ホームタブのページ)

②レコードページ・・・標準オブジェクトページ、カスタムオブジェクトページ

③アプリケーションページ・・・アプリケーションホームページ、モバイルページ

ホームページをカスタマイズしてみよう

それでは早速、Lightningアプリケーションビルダーを使用して画面をカスタマイズして
いきましょう。
今回はホームページをカスタマイズしてみたいと思います。

1.Lightningアプリケーションビルダーを開く

Lightningアプリケーションビルダーは2通りの方法で開く事ができます。

 ①[ 歯車アイコン ]| [ 設定 ]|[ ユーザインターフェース ]|[ Lightningアプリケーションビルダー ]

 ②ホーム画面を開いた状態で [ 歯車アイコン ]|[ 編集ページ ]

この手順でLightningアプリケーションビルダーを開くと、現在開いているページの
アプリケーションビルダー編集画面が表示されます。

※初めての作成で[編集ページ]から開くと、自動的に標準ページのコピーが作成され、
Lightningアプリケーションビルダーでこのコピーを編集します。

2.[ 新規 ]

※2~5は①で開いた場合の手順です。

3.[ ホームページ ]|[ 次へ ]

・カスタマイズしたいLightningページを選択します。

4.表示ラベルを入力し[ 次へ ]

5.ページテンプレートを選択し[ 完了 ]

・画面レイアウトの大枠を決めます。

ここでLightningアプリケーションビルダーのカスタマイズ画面が開きます。

6.画面のカスタマイズ

編集画面では、表示したいコンポーネントをキャンバス上にドラッグします。
キャンバスに配置後に、『プロパティ』で配置したコンポーネントの設定を行います。

ここで実際にコンポーネントを配置してみます。
①コンポーネント欄にある「レポートグラフ」をドラッグして右上に配置します。

↓コンポーネントが配置されました。

②配置した「レポートグラフ」の情報がプロパティ欄に表示されます。
レポートグラフのプロパティでは、表示ラベルの編集や表示したいレポートの設定等が
できます。

キャンバス上のコンポーネントを選択すると、プロパティ欄に情報が表示されますので、先にコンポーネントを全て配置してからでも適宜設定が可能です。

また、アプリケーションの編集画面では、モバイルやタブレット画面で
それぞれどのように表示されるか検証ができます。


カスタマイズが完了したら、

7.[ 保存 ]|[ 有効化 ]

8.割り当て先を選択し[ 次へ ]

今回作成したページをデフォルトとして設定するか、特定のプロファイルに割り当てるかを
選択します。

特定のプロファイルとした場合、次の画面で割り当てるプロファイルを選択します。

9.割り当てを確認し[ 有効化 ]

10.結果の確認

カスタマイズした画面のとおり、ホームページが表示されました。

ここではホームページのカスタマイズを紹介させていただきましたが、
他にも、レコードページではタブの編集等も可能です。

どんなコンポーネントがある?

・標準コンポーネント
Salesforceが作成したLightningコンポーネントです。
・カスタムコンポーネント
自社にて開発したLightningコンポーネントです。
・AppExchangeのサードパーティコンポーネント
AppExchangeにあるLightningコンポーネントです。設定済みのコンポーネントが含まれた、Lightningアプリケーションビルダーですぐに使用できるパッケージが見つかります。

一部の標準コンポーネントを少しご紹介させていただきます。
なお、表示されるコンポーネントは、カスタマイズの画面やオブジェクトにより異なります
のでご注意ください。

その他、各標準コンポーネントの詳細につきましては、以下のページをご参照ください。

※Salesforce ヘルプより引用

◇Lightning ページの標準コンポーネント
https://help.salesforce.com/articleView?id=lightning_page_components.htm&type=5

思いどおりの画面にカスタマイズできましたでしょうか?

Lightningアプリケーションビルダー、ぜひ有効活用ください!

最後に

パソナテキーラ では、今回ご紹介させていただいたようなSalesforceの運用方法を理解したアドミニストレーターがお客様先でサポートする「Actii」というサービスをご提供しています。

その他運用やトレーニングなど、Salesforceに関わるサービスをご用意しておりますので、もし、お困りのことがございましたら、お気軽にパソナテキーラにお問い合わせください。

Actii – Salesforce管理者の常駐支援サービス

ブログ購読のご案内