Sandboxでメール送信する際に知っておきたいこと

 2017.01.31 support_service_team

こんにちは!アドミニストレーターの齋藤です。

業務を自動化するSalesforceの機能である承認プロセスやワークフローを使って
特定の条件に合致するとメールが送信されるようにメールアラートを作成したい、という場合、
使用している本番の運用組織でいきなりテストするのは怖いですよね 🙁

そんな時Sandboxを使って検証をするのですが、メールアラートを設定しているのにテストメールが届かないという事があります。
今回はSandboxでメール送信テストをする時に確認したい設定項目についてご紹介します。

 

1.Sandboxとは

普段使用されているSalesforce運用組織のコピー環境です。
なので、Sandbox内のテストでミスしても本番組織には影響ありません!
Sandboxの中なら、安心してテストできますね 😀

ちなみにSandboxはDeveloper Sandbox、Developer Pro Sandbox、Partial Copy Sandbox、Full Sandboxの4種類があります。

Developer SandboxとDeveloper Pro Sandboxはユーザ情報と項目やフローなどのメタデータ(設定内容のこと)のみ運用環境からコピーされ
Partial Copy Sandboxはメタデータと運用環境で使用している一部のオブジェクトのデータを、Full Sandboxは運用環境で使用しているすべてのデータをコピーして作成されます。
※ 契約されているEditionによって使用できるSandboxが異なりますのでご注意ください。

今回はメタデータと手入力でサンプルデータを入れればテストできるので、Developer Sandboxを使用します。


2.Sandboxでメールが送信されない時に確認する場所は?

では本題の、Sandboxでメールアラートのテストをする時の確認事項を2点お話します。

まず1点目、メールアドレスにご注意!
運用組織とSandboxのユーザ画面を並べてみます。

■運用組織■

■Sandbox■

メールアドレスの@が=に変わり、アドレスの最後に”@example.com”が追加されている事がご確認いただけると思います。

Sandbox作成時に、自動的にダミーのアドレスへSalesforceが変更してくれてありがたいのですが・・・このままではメールアラートを作成してもメールが届きません。
なので、Sandboxでテストメールを送りたいユーザのアドレスを正しいアドレスに変更する必要があります。
(ただし、今後そのユーザにメールを送られたら困る場合は、テスト後にダミーのアドレスに戻してくださいね!)

 

そして2点目、メールの送信設定にご注意!
メールアラートが送られない場合、メールを送信するためのアクセス権をご確認ください。
新しく作成されたSandboxはデフォルトで”システムメールのみ”が設定されています。このままではパスワードリセット等の自動生成メールしかテストできません。

”システムメールのみ”や”アクセスなし”になっている場合は、上図の手順で”すべてのメール”に変更してからメールアラートのテストを行います。

 

3.最後に

弊社ではSalesforceの導入サポートや、オンサイトで御社のSalesforceの運用をお手伝いする認定アドミニストレーターの派遣事業等を行っています。

💡 パソナテキーラのサービス一覧 💡

サービス

ご興味を持たれたサービスがございましたらお気軽にお問い合わせください!

以上、「Sandboxでメールアラートのテストを行う際に知っておきたいこと」でした 🙂

Actii – Salesforce管理者の常駐支援サービス

ブログ購読のご案内