Lightningレポートビルダー 利用のポイント

 2018.10.12 support_service_team

こんにちは!アドミニストレーターのYです。
Salesforce Classic歴が長くて、Lightningに戸惑いっぱなしの日々を送っております。
そんな私から、Lightningレポートビルダーでつまずいた点をまとめさせていただきます。

こちらの内容の前に、以下の手順4以降もご参考にしていただけたらと思います。

Lightning レポートビルダー(ベータ)を有効化して直感的なレポートを体験!

Lightning レポートビルダー利用で気をつけるポイント

1.レポートの形式の選択

Classicでは、「表形式形式」のプルダウンから、サマリーなど、形式を選択可能でしたが、Lightningでは、項目を行、列のどちらかでグループ化することで形式を設定します。

<サマリー形式の場合>
方法は、以下の2通りです。

(1)項目の右横「▼」から、”この項目で行をグループ化”を設定

(2)左側のアウトライン⇒グループ⇒行をグループ化を設定
”グループを追加”の項目検索BOXに、行としてグループ化したい項目を検索して登録します。

※サマリーとして、グループ化可能な項目は3項目までです。

<マトリックス形式の場合>
方法は、以下の2通りです。

(1)項目の右横「▼」から、”この項目で行をグループ化”と”この項目で列をグループ化”の両方を設定

(2)左側のアウトライン⇒グループ⇒行をグループ化 と 列をグループ化の両方を設定
”グループを追加”の項目検索BOXに、行としてグループ化したい項目、列としてグループ化したい項目をそれぞれを検索して登録します。

最後に、表形式については、Classic同様に項目を表示するだけで、何もしなければ、表形式です。

2.レポートグラフの追加

レポートグラフの追加は、以下の2か所から可能です。

(1)レポート編集画面の上部にある「グラフを追加」をクリック

レポート上部にグラフが表示され、右上の歯車マーク「レポートのプロパティ」から、グラフの種類の設定などの詳細設定が可能です。

また、Classicにはなかった機能で、「基準線」の表示が可能です。
線の色も変更可能ですので、きれいなグラフが作成可能です。

グラフの追加は、次にご紹介する(2)でも可能ですが、唯一異なる点は・・・
グラフの削除は、こちらの画面でしかできませんので、ご注意ください。

※レポートグラフの削除
レポート編集画面の右上の歯車マーク「レポートのプロパティ」をクリックし、一番下にスクロールすると「グラフを削除」ボタンが表示されます。

(2)レポート実行後、上部にある「グラフのアイコン」をクリック
Lightningから、レポート実行後もグラフを追加することが可能となりました。

「グラフのアイコン」を再度クリックすると、グラフは非表示になります。
あくまでも非表示のため、削除したい場合は、上記記載のとおり、レポート編集画面からお願いします。

最後に、グラフの追加は、サマリー、もしくは、マトリックスの形式でないと「グラフ追加」「グラフのアイコン」ともにグレーアウトのままですのでご注意ください。

以上、Classicとは操作が異なり、とても苦戦した部分です。
まだまだ、不慣れですが、これからもLightningに挑戦していきます!

最後に

パソナテキーラ では、今回ご紹介させていただいたようなSalesforceの運用方法を理解したアドミニストレーターがお客様先でサポートする「Actii」というサービスをご提供しています。

もしご興味を持たれましたら、以下の資料をダウンロードください。

Actii – Salesforce管理者の常駐支援サービス

ブログ購読のご案内