Salesforceを管理するなら知っておきたいSandbox

 2017.03.09 Pasona Tquila

こんにちは!アドミニストレーターの千代田です。
今回は、Sandboxの使い方や種類、どう使いわけるかについてお伝えします。

Sandboxとは?

Sandboxとは、テストや開発などのさまざまな目的で使用されるSalesforce本番環境のコピーです。
Sandboxを作成または更新すると、その時点での本番環境のコピーが作成されます。
大部分の構成は本番組織と同じです。

Sandboxにはいくつかの特徴があります。
例えば、Sandbox内の全ユーザのユーザ名にSandbox名(例えばDev1)が付加されたり、自動で送信されるメールの誤作動を防止するため、システムメール以外送信されない設定*になっていたりします。(詳しい説明はこちら
Sandboxの種類によっては、本番環境からSandboxにコピーするデータを指定することもできます(下記「Sandboxの種別」参照)。
データがコピーされない場合(例:Developer Sandbox)、すべての設定情報(メタデータ)は移行されますが、レコード情報(データ)は移行されません。

Sandboxの目的

新しくForce.comアプリケーションを作成する場合、まず、Sandboxにそのアプリケーションを構築しテストを実施することから始めます。
構築したアプリケーションに問題がなければ、メタデータとデータ(該当する場合)を本番環境に移行します。
このアプリケーション構成を開発環境で行うことで、本番環境にリスクなくテストすることができます。

多くの企業では、複数ステージを経るデプロイ方法を使用します。
最も一般的な例は、開発環境(通常はDeveloper Sandbox)での開発と単体/結合テストの実施、次にStaging環境へ昇格し受入テストの実施(通常はFull Sandbox)、最後に本番環境への昇格です。

Sandbox の種別およびテンプレート
Sandbox を使用した開発とテスト(Trailhead)

Sandboxの種別

種別 メタデータコピー データコピー 更新間隔 データストレージ制限
Developer YES NO 1日 200MB
Developer Pro YES NO 1日 1GB
Partial Copy YES 一部 5日 5GB
Full YES YES 29日 本番環境と同様 (コピー時点)

ログインURL

Sandboxにログインするには、Sandbox専用のURLを使用する必要があります。
同様に、本番環境にログインするには、本番専用のURLを使用する必要があります。
これは、WEBサイトならびにAPIを介した(例えばData Loarder)ログインの場合に適用されます。

本番環境: https://login.salesforce.com
Sandbox: https://test.salesforce.com

環境間のメタデータ移行

管理者または開発者がメタデータ(構成の変更)をある環境から別の環境に移行するのに役立つツールがいくつかあります。 今回は最も一般的に使用されるツールを2つご紹介します。

1.変更セット:標準ツール、管理者フレンドリー(開発経験不要)

変更セットを使用するには、Sandboxを備えた本番環境が必要であることに注意してください。
Developer EditionにはSandboxが含まれていないため、変更セットはDE組織では使用できせん。
変更セットを使用するには、Enterprise Edition以上の組織が必要です。

変更セットの概要についてはこちら

2. Force.com IDE:開発者用ツールキット、クライアントアプリケーション(開発者向け)

Force.com IDE

※今回はForce.com IDEの詳細については説明しません。

まとめ

今回の記事では、Sandboxの詳細については説明しません。
しかし、Sandboxを利用し学んだ教訓をいくつか共有したいと思います。

  • Sandboxは、本番環境と自動的に同期しません。本番環境(またはその他開発環境)で構成変更を行った場合は、それに応じてSandboxの更新計画立案が必要です。

  • 事前にリリーステストを実施してください。開発環境とは別のSandboxを作成し、開発環境から別のSandboxへリリースのテストします。結果を確認し、問題があれば変更セットの修正が必要です。

  • 項目レベルセキュリティなど、プロファイルに関わる変更は変更セットの利用が簡単です。

  • Full Sandboxの作成には、本番環境のすべてのデータが含まれるため、大幅に時間が掛かることがあります。 過去にSandboxが作成されるまでに5日間以上かかることがありました(数百万を超えるレコード)。

  • Full Sandboxを作成すると、レコードID(取引先、取引先責任者など)が本番環境と一致します(注:組織IDは異なります)。 ただし、いずれかの環境で新しいレコードを作成するとレコードIDは一致しません。

最後に

弊社ではSalesforceの導入サポートや、オンサイトで御社のSalesforceの運用をお手伝いする定アドミニストレーターの派遣事業等を行っています。

ご興味を持たれたサービスがございましたらお気軽にお問い合わせください。

以上、「Sandboxの概要について」でした!

Actii – Salesforce管理者の常駐支援サービス