「検索条件」機能で ダッシュボードをもっと便利に!

 2019.07.29 customer_success

こんにちは。Salesforce運用支援サービス「AGORA」のサポート担当 Kです。
お客様からのさまざまなお問い合わせの中から「Salesforce管理者なら直面しそう!」な事例をピックアップしてご紹介します。

今回は「ダッシュボードの検索条件」機能について。

1つのダッシュボードで部署別や所有者別のデータを確認したい

ダッシュボードはデータをすぐに確認できて便利ですが、会社全体、部署全体、部下一人ひとりなど、それぞれのデータをすぐに確認できたらいいなと思うことはありませんか?

ダッシュボードの検索条件を設定すれば、個別のレポート作成やダッシュボードのコンポーネント追加設定をすることなく、すぐに表示データの絞り込みができます!

解決内容

〈解決キーワード〉
● ダッシュボード
● 検索条件

では、ダッシュボードの「検索条件」の設定方法をご紹介します。
今回は 既存のダッシュボード利用してロール別のデータを絞り込み表示するために、「所有者 ロール」で検索条件を設定します。

1.ダッシュボード画面右上の「編集」ボタンをクリックします。
2.画面右上の「検索条件」をクリックします。
3.「項目」を選択します。(どのオブジェクトの「所有者 ロール」項目を選択しても大丈夫です。)

4.必要に応じて「表示名」を変更します。
(今回は「所有者 ロール」から「部署」に変更します。)
5.「検索条件値を追加」をクリックします。
6.「演算子」、「」、「表示テキスト」を設定し、「適用」をクリックします。
*「値」は 選択リストから指定することができないため、貴社の「ロール名」を正確に手入力します。
7.  さらに「検索条件値を追加」をクリックすれば、検索条件値(別の部署名)を増やせます。
8.「追加」をクリックし、ダッシュボード画面上部の「保存」、「完了」をクリックします。

この後、下図のように ダッシュボード画面上で検索条件値を選択すると、
部署ごとのデータの絞り込み表示ができるようになります!

なお、ダッシュボード機能については、こちらの記事でもご案内しています。
それ、セールスフォースならすぐできる!きれいな営業ダッシュボードの作り方
◇セールスフォースの基本機能 ダッシュボード 〜入門編〜(classic版)

 

最後に

「もう少し詳しく知りたい!」
「活用方法がよく分からない」
日々の運用で悩むこと、Salesforceのヘルプを見たけれど解決方法が分からないことなど、ちょっとしたことを相談できるサービスがあるといいなと思うことはありませんか?

AGORAには、Salesforceの解説書「活用ガイド」、有資格者が応対する「問い合わせサービス」、便利ツール「AGORAモール」など、さまざまなサービスがございます。
詳細はこちらよりご覧ください。

なお、AGORAではSalesforce活用のための各種セミナーを随時開催しています。 ご興味をお持ちいただけるようでしたら、ぜひお申し込みのうえご参加ください。

ブログ購読のご案内